マンガ『ドロ刑』2話あらすじとネタバレ感想。煙鴉が可愛い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
以前、マンガ『ドロ刑』の第1話についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
第1話では、職人レベルにまで達した泥棒に対して歯が立たず、
でも諦めずに奮闘する新米刑事・斑目勉と、
斑目に興味を持った稀代の大泥棒・煙鴉が
斑目にアドバイスを与え、見事事件を解決していたよね!

今回は、

  • マンガ『ドロ刑』2話あらすじ
  • マンガ『ドロ刑』2話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

スポンサーリンク

マンガ『ドロ刑』作品紹介と1話おさらい

『ドロ刑』は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の、
YJ期待の新鋭・福田秀先生によるマンガです。

【1話おさらい】
主人公である新米刑事斑目勉(マダラメツトム)は、
憧れと希望を胸に警視庁”捜査三課”に配属されますが、
その1年後にはすっかりやる気を失ってしまっています。そんな彼が出会ったのが、
稀代の大泥棒・煙鴉(ケムリガラス)斑目勉に興味を持った煙鴉は、
捜査に奮闘する斑目に対し、培った経験と知識からアドバイスをし、
斑目はときに反発しつつも事件を解決
していきます。斑目が煙鴉を捕まえられる日は来るのでしょうか?

現在、単行本は1巻まで発売中で、
2018年9月19日には、2巻が発売されます!(2018年9月15日現在)

2018年秋の日テレ土曜21時枠ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』の原作でもあります!!

マンガ『ドロ刑』2話あらすじ

煙鴉を捕まえるため、彼の後を追う斑目ですが、
大通りにて見事に巻かれてしまい、その行方を失ってしまっています。
早く煙鴉を捕まえたく躍起になって調べる斑目ですが、
新たな事件、空巣の捜査が入ってしまい、煙鴉の捜査に集中できません

思うように煙鴉の捜査に集中できずイライラする斑目に、突如、煙鴉から電話が
煙鴉は自分の捜査を斑目がしてくれるとウキウキしているのですが、
斑目が別の捜査をしていることを知り、心底ガッカリします。

そんな煙鴉を逃がすわけもなく、彼の手に手錠をかけ、空巣の現場に向かう斑目は、
車のハンドルと煙鴉の手錠をつなげ、お留守番状態にし、
空巣の被害者女性から話を聞きます。

部屋から指紋などの犯人に繋がらる証拠は一切出ず、
被害額も少なかったことから、被害者女性も「勉強代と思って」と諦めるのですが、
そこに手錠を解錠した煙鴉が「おかしいとは思わない?」と現場に登場

被害者女性が住むマンションの隣が、泥棒が空巣として入るには好条件の物件。
なのにも関わらず、この犯人は好条件では無い隣の物件に入ってきた

まっとうな泥棒の道理に当てはまらない、合理性よりも優先したいことがある犯人

煙鴉の言葉からヒントを得た斑目は、犯人を逮捕することができるのでしょうか?

マンガ『ドロ刑』2話ネタバレ感想

今回の空巣の犯人、気持ち悪いですね~。
ベッドに落ちていた女性の髪の毛をつまみ上げ、
「今朝取れですね」と口に含むとか、本当に、あの、はい。気持ち悪い
です。

煙鴉は1話よりもお茶目さに磨きがかかっていました!
「番号教えて?」と聞くのが恥ずかしいから、相手のスマホを盗るという発想には驚きましたが(笑)。

煙鴉が斑目に注目するのは、斑目が煙鴉が現れた現場に残してくタバコの匂いを覚え、
初対面で声をかけてきたからなのでしょうか。
煙鴉が何故、犯罪を犯しているのかは分かりませんが、
それでも自分の痕跡に気づいてくれて、探してくれるということに嬉しく思ったのでしょうか?

また煙鴉の言葉に怒ったり、発見を得てイイ表情になったりと、
斑目さんは今回も大忙しでしたね(笑)。
うっかり良い発言をした煙鴉に「でかした!」と拳を合わせようとし、
「何すんだ!!」と怒るシーンはかなり理不尽
ですが、

個人的に凄く可愛いな~と思ってしまいましたw

空巣の犯人を捕まえる際、
家主の女性宅にあったカレーや飲み物、シャワーに細工を加えたのは、
言わずもがな、煙鴉なんでしょうけれども、なかなかやることがエグいですねwww

これではよっぽどの変態でない限り、心が折れ、空巣として再起不能となってしまうでしょう。

この2話で、「泥棒の目線に立って考え、同じ景色を見ていく」ということを学んだ斑目
まだまだ未熟な新米刑事ですが、煙鴉と接していく中で
どんなふうに斑目が成長していくのか、今後がとても楽しみです!

まとめ

サクユウ
マンガ『ドロ刑』第2話についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
1話よりも2話の方が可愛さが増している煙鴉。
今後、どれだけその可愛さが増していくのか(笑)。そこにも注目していきたい!

ではではヾ(。・ω・。)ヾ(。・Д・。)ヾ(。・ρ・。)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*