新屋の選択が生死を分ける『シゴトオサメ』2話ネタバレ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
以前『シゴトオサメ -職業病事件帳-』というマンガの
1話についてお話させて頂きましたっ!
にゃーさん
2話ではどうなっていくのかな?!

という訳で今回は、

  • 『シゴトオサメ -職業病事件帳-』作品紹介
  • 2話あらすじとネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

スポンサーリンク

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』作品紹介

サクユウ
シゴトオサメ -職業病事件帳-』とは、月刊コミックジーンにて連載中の、
磐秋ハル先生によるサスペンスアクションマンガです。
現在、月刊コミックジーンにて連載中の『シゴトオサメ -職業病事件帳-』、
その単行本1巻は、2018年11月27日(火)発売予定だそうです!

 

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』2話あらすじとネタバレ感想

★1話おさらい★
ある職業を極めすぎることにより、その職業で培った技能や経験を用いて人を殺したくなり
それを実際に行動に起こしてしまう病気――職業病(シゴトグルイ)国民病として蔓延している。両親が職業病となり、殺されるところを繰り返し夢に見る新屋静は、
自分の両親を殺した執行官・九条裏忌が自分の保護者となってしまい、
執行官も職業病も人殺しじゃないかと思いながら、毎日を共に過ごすこととなる

そんな新屋が通う学校では今日の5時間目に授業参観が行われることになり、
九条は「面倒くさがりだし来ないよな」と予想する新屋だが、
残念ながら九条は授業参観へ来てしまい……?

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』2話あらすじ

新屋はバスでの職業病事件に巻き込まれた後、
警察や職業病特殊対策課からの事情聴取などもあり、3日間は学校を休んでいた。

新屋と一緒に事件に巻き込まれた友人の高志と久々に登校すると
クラスメイトからは『職業病事件に巻き込まれた有名人』となっており、
登校早々、クラスメイトから質問攻めに合うが、
唯一、清水という女子生徒だけは
職業病とシゴトオサメに思うところがあるようで、新屋達を庇ってくれた

職業病となって事件を起こしたバスの運転手の彼女である夜麻内先生
3日間は新屋と同じ状態だったらしく、新屋と同じタイミングで復帰したのだが、
突然、ラッキーカラーやラッキーナンバーを気にするようになり、
授業の進行も滅茶苦茶となっていた。

何も知らない生徒の間では、
『彼氏と連絡がつかなくなってから、四谷水言という占い師のセミナーにハマってしまい、
生徒にも声をかけて連れて行こうとしている
という噂が立つほど変わってしまっている

家では九条が「(職業病に)発症の可能性が高い調査対象」のチラシを食卓に広げており、
その中に夜麻内先生がハマっている四谷水言のチラシを見つけて焦る新屋
大変だと先生の身を案じるが、九条には「放っておきなさい」と言われ、
彼の仕事としての義務の話を聞き、思っていたよりも人でなしだと嘲る

せめて自分にできることがあればと思う新屋は、
夜麻内先生から四谷水言のセミナーに誘われて……?

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』2話ネタバレ感想

冒頭で、職業病になってしまった工事現場の作業員さんが、
地盤が弛いから固めなければ、とヒトで固めていく
んですけれど、
リアルでこれを見たくないなぁ、としみじみ思ってしまいました。

そんな現場を目の前に、笑顔でサクッとお仕事を終わらせる九条なのですが、
やはり色んな現場を経ているだけあって慣れてしまっているのかなぁ、と考えてしまいました。

あと、日傘は相変わらず常備なのだな、と(笑)。
扉絵でもバッチリ差していますもんね。

バス事件から3日後に登校となる新屋と友人・高志なのですが、
クラスメイト達に、どんな状況だったのかと囲まれてしまいます。
で、その状況から助けてくれる清水という女生徒なのですが、
この娘がめちゃくちゃ可愛い!!

肩甲骨の下辺りまでの長さのサラッサラな髪をおろした状態で、
頭にはリボンが付いたカチューシャ(?)を着けていて、
瞳はパッチリ、まつ毛が長く……と、もう特徴を上げたらキリがないのですが、本当に可愛いです。

ただ、事件に巻き込まれた新屋と高志を労ると同時に、
職業病もシゴトオサメも みんなみんな世界から消えちゃえばいいのにね…」と、
悲しそうな表情で言っているのですよ。
この娘も職業病関係の事件に巻き込まれたりした経験があるのですかね?気になります。

で、職業病になってしまったバスの運転手と付き合っている夜麻内先生なのですが、
2018とカタチどられたフレームが着いたサングラスをかけて登場します。
よく他の先生達に止められなかったですね……Σ(゚д゚;)

新屋も「恋人が職業病になったんだもんな ショックで変にもなるよ…」と。

にゃーさん
事情を知っている分、
先生のぶっ飛んだ授業にもツッコミできないよね。うん。

で、帰宅すると、新しく買ったソファを勝手に置いて普通に寛ぐ九条……。
座り心地がよくて、ひとりで立ち上がることが困難になるタイプのソファみたいです。
人をダメにするソファですね、私が一番手にしてはダメなソファです。私も座ってみたいです。

それを華麗にスルーし、夜麻内先生がハマっている四谷水言のチラシを見つけ、
九条は発症する可能性が高い調査対象を調べるために、
現地調査を行っている
ようなのですが、

エステやらネイルやら満喫しております。キラッキラしております。
明日はアロマのお店に行くようです
。……仕事とは言え、女子力高いですね(?)。

で、そこから九条の仕事の話になり、また先生が危ないと新屋は焦るのですが、
九条は「放っておきなさい」と言うのですよ。
新屋は「先生がまた事件に巻き込まれてもいいって言うのか…!」とキレて掴みかかります。

それに対して九条は

  • 僕は新屋君の保護者である
  • 仕事以外でそれ以外の方を保護する義務はない

と、淡々と応えます。

確かにそれが事実なんでしょうし、
仕事以外でも他者を常に守れと言われても、やってられないというのも分かります。

だって会社勤めだった頃の私だって、仕事以外で上司の(理不尽な)支持を受けろと言われたら、
笑顔で「いやだ!」と言いますし。えぇ、遠慮なく。
何故、勤務時間外まで仕事をせにゃならんのかと。

そんな九条に対して新屋は「人の心がないのかよ!!」と詰め寄るのですが、
九条は感情が読み取れない、怖い笑顔で「ありません」と。
狂わないために、慈悲の心があれば殺されるのは自分だから、
そんなものは捨てた
ということを伝えます。

だから冒頭のシーンの様な惨殺な現場でも、淡々と仕事ができるのかなぁ、と。
むしろ心を捨てなければ、この仕事をやっていられないよなとも思いましたが、
その他にも何かしら理由があるように思えてなりません。私が考え過ぎなだけでしょうか?

夜麻内先生を心配した新屋は、先生から四谷水言の公開占いに誘われ
夜麻内先生の大学時代の友人である香和口佳恵(カワグチ ヨシエ)さんと一緒に
四谷水言の公開占いに参加をすることになります。

夜麻内先生はお手洗いに立ち、香和口と2人きりになる新屋なのですが、
そこで、夜麻内先生を四谷水言に誘ったのが自分であり、
新屋まで巻き込んでしまったことに謝罪
されます。

香和口は、過去に自分がネイリストにしてもらったように、
誰かの手に魔法をかけたくてネイリストとしての技術を磨くも上手く行かず、
好きだったはずなのに、と自分を追い詰めてしまっている
みたいで、
誰かの言葉が欲しくなり、四谷水言へとハマっていったという背景があるみたいです。

サクユウ
心に穴が空いて、無理矢理埋めないと壊れてしまう。
友人でもある夜麻内先生が同じ様な状態になったから、誘ったんですかね……。

そうこうしているうちに四谷水言の占いライブが始まるのですが、
「舞」のパフォーマンスを用いた占いを行うからなのか、
舞台演出のせいなのか、本人に華があるからなのか、登場からド派手です(笑)。

事前に配られたのか?番号札順に舞台上へ上げて、ひとりひとり占っていくのですが、
新屋は特殊な運命を背負っており、
新屋自身の選択が、多くの人の生死を分けることになるため、間違えてはダメ

今後の展開を示唆するような占いを受けます

にゃーさん
自分の選択で多くの人の生死を分けることになるなんて、
かなり責任重大だよね?!
僕が言われたら、軽くどころかかなりビビるよ!!

で、次が香和口なのですが、まさかのステージ上で豹変
四谷水言ではなく、香和口が職業病となってしまいましたっ!!!

ステージ上でネイルをするための道具を用いて人を殺していき、
その人の血で爪を塗るという、かなりエグいネイルです。

会場が大混乱になる中、夜麻内先生に通報をお願いした新屋
香和口の前に立ち、シゴトオサメが来るまでの時間稼ぎをしようとするのですが、
新屋を庇った夜麻内先生が、香和口が投げた道具によって負傷してしまいます。

そんな2人をまとめてネイルすると香和口が道具を投げてくるのですが、
間一髪というところで九条が登場し、香和口を捕らえてしまいました

その後、四谷水言の命に別状はなかったようで、
観客の避難も速く、被害は少なく済んだみたいです。

香和口にも生きる意思があり、記憶抹消の処理へと回されたようなのですが、
彼氏に続いて友達が職業病になってしまった夜麻内先生が気になりますよね。

夜麻内先生は占いに二度とハマらないと生徒達に宣言するのですが、
運命の恋をしたの」と、スマホの画面に九条を表示させながら良い笑顔で発言します。
確かに、四谷水言の占いで、運命の人に出会うとは言われていましたが……。

にゃーさん
よりによって九条ですか……そうですか。
先生が落ち込んで変な道に走らなかっただけ良かった……のかな。

事件後に九条から、被害が少なかったのは新屋が発症者を引き付けていたお陰だと言われるのですが、
もう二度と囮になるとか危ないことはしないで下さいね」とお願いされ、
…君が死んだら困る」と、心配とかいう表情ではなく、
歪な何かを含んだ怖い顔で言われてしまいます

一体、新屋が死ぬことによって、九条にどんな困ることがあるのでしょうか?

また2話の最後に『謎の変死体事件 新たな犠牲者か』というニュースと共に、
もっと…殺したかったんだけど物足りないなぁ…」と、数体の死体を見下ろしながら
涼しい表情で言う男が現れる
のですが、一体何者なのでしょうか?

まとめ

サクユウ
今回は『シゴトオサメ -職業病事件帳-』2話について
お話させて頂きました!
にゃーさん
最後に現れた男が謎すぎて怖いな~……。
これ以上、新屋の周りで危険なことが起きないと良いんだけれど。

ではではヾ(。・ω・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*