九条の元相方?!『シゴトオサメ』4話ネタバレ感想あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
マンガ『シゴトオサメ -職業病事件帳-』の
3話についてお話させて頂きましたっ!
にゃーさん
3話のラストで
新屋が絶体絶命の状態で終わってしまったけれど、
ちゃんと無事助かるのかな?!!

という訳で今回は、

  • 『シゴトオサメ -職業病事件帳-』4話あらすじ
  • 『シゴトオサメ -職業病事件帳-』4話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

スポンサーリンク

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』作品紹介

スポンサーリンク

にゃーさん
そんな2人と職業病になってしまった人達の
サスペンスアクションマンガだよ!
現在、月刊コミックジーンにて連載中の磐秋ハル先生による『シゴトオサメ -職業病事件帳-』、
その単行本1巻は、現在発売中!(2019年1月19日現在)

 

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』4話あらすじとネタバレ感想

★3話おさらい★

職業病の仕業ではない、殺しに慣れている人殺しのための人殺し
新屋が住んでいる町で4件も多発しており、新屋も狙われる可能性があるため、
九条から『通学以外での九条のいない一人の外出を禁止』されてしまう。

既に友人達とテーマパーク『グリームランド』に行く約束をしていた新屋だったが、
保護者(九条)同伴で友人達と遊びに行くこととなる。

九条の、仕事といえど今までやってきたことについて
許したらいけないことだと思っている」と伝える新屋に、
新屋に許されないことが九条自身の望みと言う九条。

そんな中、グリームランド内で職業病による殺人事件が起こり、
シゴトオサメが九条のみに対して、職業病の同時集団発症が起きてしまって……?

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』4話あらすじ

グリームランド内で職業病が同時集団発症してしまい、追い詰められた新屋は殺されそうになる。
間一髪というところで職業病の首が吹っ飛び、助かる新屋だが、
職業病の首を吹っ飛ばした長身の男からは
会いたかったよ いい顔をするねぇ殺したいくらいに」と、刃を向けられてしまう。

再び死に直面し、助けを求める新屋の前に九条が現れて助かるが、
どうやら九条と長身の男は知り合いのようで……?

また別の場所では、シゴトオサメに対抗する組織が動き始めており……?

『シゴトオサメ -職業病事件帳-』4話ネタバレ感想

新屋の名前を知っていた謎の長身の男が
新屋の首に刃を突きつけるシーンから4話は始まるのですが、
何故、この男は新屋のことを一方的に知っているのでしょうか?

そこへ九条が助けに入るのですが、「…まさか貴方だったとはね」と。
余計なことをすれば いくら貴方でも…ただでは済ましませんよ 六原!」と!!

え、九条の知り合いなんです?!!

しかも睨みつけながら言う苦情に対して
やあ裏忌 久しぶりだね 君のそのゴキゲンな殺気に会いたかったよ」と満面の笑顔な男……。

て、テンションの差!!!∑(゚□゚(゚□゚|||)

グリームランド内で起きた職業病の同時集団発症事件は、
この二人によってあっという間に無力化し、混乱は収まったそうです……おおぅ。

シーンは変わって、グリームランドの職業病発症事件から別日へ。
ファミレスにて、六原と呼ばれた男・六原夜夢(ロクハラ ヨム)の話を聞く新屋・九条。

新屋は正直に、襲われた際に本気で死ぬかと思った事を伝えるのですが、
六原は「ジョークだよ♥かわいい顔してたからついね」と笑い飛ばします。

サクユウ
よ、陽気な方ですね……?

新屋の住む町で多発していた、職業病以外の者による殺人事件は、
実際は六原が国のお達しで職業病法違反者を殺していたもので、
警察に頼んでフェイクのニュースを流していたらしいです。

いや、だとしても物騒な。
でもそうだとしたら何故、大崎刑事は九条を現場へ呼んだのでしょうか?
まだ大崎刑事の元にその情報が入っていなかったのですかね??

ちなみに六原が追っていた裏組織の職業病法違反者というのが、
国民転職手帳の偽装を行っていたそうです。

自分の仕事が愛しすぎて転職を拒み、
違法な手帳を購入してまで国の検査から抜け、仕事を続けようとするための
偽装国の民転職手帳。

その諸悪の根源である組織については、六原が皆殺しにしたそうなのですが、
九条、ため息をつき、睨みながら
それだけですか 話っていうのは もう帰って良いですか」と
心底嫌そうに言葉を吐き出しました

にゃーさん
……こんな不機嫌な九条、見たことがないよ。誰なの。

でもそんな九条に対し、「元相方で一緒に職業病を殺し合った仲じゃないの」と笑顔で言う六原。
仲が良いのか悪いのか……。とりあえず冒頭からこの2人のテンションの差が凄すぎます(笑)。

本題に早く入ってと言われた六原、
「新屋くん 私はね 君の保護者になりたいと思っているんだ」と、
後光を指しながら笑顔で爆弾発言投下。

サクユウ
え?……え??保護者???

六原の驚き爆弾発言に驚く新屋と九条のことは一旦置いておきまして。
シーンは同じファミレス内の、新屋達が座る席近くの、ある2人のお客へと切り替わります。

先生と呼ばれた、ノート゚゚PCと睨めっこしている長髪に無精髭の男性は、
向かいに座る単発の小奇麗な男性から
本当に大丈夫なんですか!?今回は流石に落とせませんよ!?」と、
かなり追い詰められている様子。

先生と呼ばれた男は、もう少しで面白いネタが出そうみたいで、
それが出れば半日であがるそうなのですが、
もうひとつ、この空間(ファミレス内)で何か事件が起こらないか
想像力を必死に働かせています。

作家業か何かをされている男性なのですかね?
ということは、向かいに座る男性は担当編集者さんでしょうか。

さて、新屋達の方へと話は戻りますが、どうやら九条と新屋があまり仲良くないことを報告書で知り
多感な時期である新屋にとって、仕事(殺し)以外てんでダメな九条よりは
自分の方が『いいパパ』になれる
というのが、六原の言い分。

にゃーさん
いいパパ』……僕には『胡散臭いパパ』に見えるよ(失礼)。

そこへ六原のスマホに仕事の電話が入り、席を立つのですが、
残された新屋は九条にどうしたら良いか相談。

それに対して九条は

  • 決めるのは新屋である
  • 六原は仕事に関しては少しネジの飛んでいる男
  • けれど九条自身よりは、よっぽど『保護者』として優秀だと思う
  • 自分と過ごすよりきっとストレスが貯まらない

……ということを伝えます。

いきなり色んなことを言われた新屋は、自分の思考を整理するため、
ドリンクバーへ飲み物を取りに行くのですが、そこに清水さんが2話以来の登場!!
可愛いっ!!!!!

清水さんから「家族でご飯でも食べに来たの?」と聞かれた新屋は、
「ま…まあ そんな感じかな」と誤魔化します。

うん、まぁ、気持ちはわかりますw

新しいドリンクを得た新屋と清水さんは席に戻ろうとするのですが、
なんと!先程の作家さんと担当編集者さんが職業病に!!

作家さん、「事件が起こらないなら 事件を起こせばいい…」と、
料理を持ってきた店員さんをナイフでザックザック。

にゃーさん
「事件が起こらないなら 事件を起こせばいい…」って
何そのマリーアン◯ワネット的発想?!!

ヒロインとして近くにいた清水さんが先生に捕まってしまい、
清水さんを助けようとした新屋も担当さんに捕まってしまいます。

大混乱なファミレス内で、
「こんな場所で発症者が出るとは珍しいな」と立ち上がる九条と六原。

九条はいつもどおり「ヒトシゴトさせて頂きますよ」と。
それに対して六原は「ヒトコロシさせてもらうよ」と

ヒトコロシ?!え、殺し?!!
そんな直接言っちゃいますっ?!!

と、サクユウが驚いている間に、九条と六原はサクッと職業病となった2人を捕まえてしまいました。
お仕事がとっても早いです……。

事件が起きたことを連絡する九条の背後で暴れる職業病2人に対して、
せっかく裏忌と二人の現場だったのに つまらないよ君たち 死のうか」と
イライラした六原が手を下そうとするのですが、

「まって 殺さないで…」という新屋の止める声と、一瞬で六原の動きを封じる九条。

サクユウ
殺すなよ」の九条の表情が、とっても怖いです……。

その九条の殺気に触れた六原は、
九条が『保護者』をやっているから丸くなったと思っていたけれど、
全然そんなことない、自分と同じタイプの人間であること
に悦びます。

うん、この人、怖い。

そんな六原に対して「昔とは違う」という九条なのですが、
九条の昔……とても気になりますね。
過去にサクッと殺そうとする六原と相棒だったことから、
かなり残忍な人間だったのでしょうか?

帰宅した新屋と九条。
結局、新屋は九条が保護者のままで居ることを選んだらしく、本当に良かったのか聞く九条に
…九条さんと暮らすの そんなに…嫌いじゃない」と伝えます

新屋の突然のデレです(違います)。

理由は、

  1. 何度も命を救ってもらったこと
  2. 九条が両親を止めてくれなかったら、たくさんの人を殺していたかもしれず、
    それはもっと嫌だということ
  3. 許せないことだけれど、九条のことをもっと知りたいと思うようになったこと
  4. 恨むのはその後でも遅くないということ

でした。

それに対して笑顔で「新屋くんはいい子ですね」と頭を撫でる九条と
照れる新屋という、何ともほのぼのした感じで終わるのかと思いきや。

夜半、ヒトコロシ終えた六原から電話で

  • 九条の担当地区の本部から関しが強化されたこと
  • その原因は新屋だということは分かっているよね

という連絡が九条のスマホへ。

そして『奴ら』が新屋を狙って動き出したことも伝えるのですが、
同じ頃、新屋宅付近に集まる人達が、
窓辺に立つ九条を双眼鏡で確認しているのですが、その中に清水さんが?!!

しかも『シゴトオサメ被害者の会』と書かれた服を着て、
シゴトオサメなんて人殺しの集団から必ず私が助けてあげるから…」と!

新屋と職業病は、一体どんな関係があるのでしょうか?!
そして清水さんの目的は?!

まとめ

サクユウ
今回は『シゴトオサメ -職業病事件帳-』4話について
お話させて頂きました!
にゃーさん
六原の言う『奴ら』って
清水さん達のことなのかな?!気になる~!!

ではではヾ(。・ω・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*