脱出ゲーム『公衆電話』10年前の004545に繋がるのは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
脱出ゲーム『公衆電話』既存の番号のエピソード拡張分を
プレイさせて頂きました!
にゃーさん
あの人は10年前、あんな感じだったんだ?!

という訳で今回は、

  • 既存の番号のエピソード拡張分プレイしてみた

以上についてお話しさせて頂きます!

【関連記事】
◯2018年10月アップデート前の既存エピソードはこちらから
ネタバレ有!脱出ゲーム『公衆電話』のプレイ感想&評判は?
◯2018年10月アップデート前の既存エピソードまとめと考察はこちら
脱出ゲーム『公衆電話』攻略エンドまとめ!エンブレムとは?
脱出ゲーム『公衆電話』女性の正体は?考察と制作者の意図
  
◯2018年10月アップデート後の追加エピソードはこちらから
脱出ゲーム『公衆電話』追加エピソード1攻略!姉が黒幕?
所持金30円で脱出『公衆電話』不幸の大断片から繋がる先は
◯2018年10月アップデート後の追加エピソードまとめはこちら
脱出ゲーム『公衆電話』追加エピソード攻略エンドまとめ

スポンサーリンク

◯『公衆電話』舞台化!!
所持金30円で脱出『公衆電話』舞台化!公演日時と出演者

【オススメ記事】
自分自身の力とは?デスゲーム『囚われの館』ネタバレ感想考察
金色のアレを盗んだのは誰?『囚われの館』ネタバレ感想2
ネローニの苦労に涙『囚われの館』ネタバレ感想3
推理力が鍛えられる?水平思考クイズのウミガメのスープとは

スポンサーリンク

既存の番号のエピソード拡張分を実際にプレイした感想とネタバレ

10年前の『004545』に電話をかけてみた

アップデート前に得たエンブレムにて判明した番号『004545』
以前は普通にかけましたが、今回は10年前に電話をかけてみたいと思います
(ポップアップを解除し、現代の福田さん、真実の断片の番号、10年前の消防署、
それぞれに3回電話をかけていくと得られます)

現代ではオネエさんが出てくれましたが、10年前だとどうなるのでしょうか。楽しみです。

*1度目のコール
という訳で1度目のコール。
出てくれたのは、現代と同じく、透き通るような美しい声……ではなく、男性の声

なのですが、現代だと、
「はいどちら様でしょうか?」という野太いおじさんの声で、
10年前は「はい…誰?」という愛想の感じられない男性の声

同一人物なのでしょうか?

佐藤さんは現代のときと同じように、10年前の電話に出た相手にも同じような説明をします。
そしてその10年前に居る男性も、現代の方と同じように

  1. 最近やたらとそういう電話が多いこと
  2. 恐らくその紙切れ(エンブレムで得たメモ)のせいだということ

以上について言及してきました。

それに対して佐藤さんは「はぁ…まぁたぶんそうじゃないですかね…」とガッカリした様子。
電話の向こうの10年前に居る男性は、ガッカリするなと言い、
現代のオネエさんと同じように「ヤバイ奴に繋がる電話だったりしたら、どうしてた?」と説教。

……やはり、同一人物なんですかね?

と、ここで通話可能時間が終了してしまいました。

*2度目のコール
一応、再び10年前に電話をしてみると、先ほどと同じ方が出てきました。
佐藤さんは「かけ間違えました」と電話を切ろうとするのですが、
相手の男性から「本当は何か用があるんじゃないのか?」と止められます。

口調は違いますが、現代のオネエさんと同じ流れです。
やはり同一人ぶry

佐藤さんは困っていることは事実だけれど、全く知らない人に、
ましてや10年前の人に助けを求めてもどうしようもできないよなぁと戸惑います。

すると、向こうから
お前、公衆電話に閉じ込められているとか言うんじゃないか?
しかも10年後から

という言葉がっ!!!!!

にゃーさん
これなら助けてくれるのでは?!なんて話が早いっ!!

驚く佐藤さんに、以前もその様な電話があったことを告げる男性は、
こちらの状況を伺うでもなく、突然「俺の悩みを聞いてくれないか?」と言い出しました。

と、ここで通話可能時間が終了してしまいました。

*3度目のコール
先程の男性の悩みが気になるので、再度10年前へと電話をかけていきます。

男性の悩みは、

  • 公衆電話に閉じ込められた人達から時間を問わず、四六時中電話がかかってくること
  • 電話が煩くて眠れない上に、頭がおかしくなりそうなこと
  • 助けを呼ぶ声が夢に出てくるレベルまで脳裏に焼き付いてしまっていること
  • 必死に助けを求めてくるから、助けてあげたい・守ってあげたいという、
    いとおしい不思議な気持ちになっている気がしていること(男女関係なく)

というもので、その男性の新たな一面を開花させてしまったみたいです。

……と、ここで通話可能時間が終了してしまいました。
佐藤さんはこのタイミングで、脱出しないと、と思うのですが、もう所持金がありません。

結局助けを得ることもできず、ゲームオーバーとなってしまいました。

この後、10年前に2回電話をかけた後に現代に1回、
10年前に1回電話をかけた後に現代に2回かけてみましたが、
他の田中エンドルートや、新規追加されたまんぷく屋さんのときの様に
10年前と現代が繋がったりすることもなく、
特に何も進展が無いままゲームオーバー
となりました。

【既存の番号のエピソード拡張分を終えての感想】

10年前の『004545』に電話をかけたときに出た男性と
現在の『004545』に電話をかけたときに出たオネエさん、同一人物だと思うのですが、
皆さんはどう思いますか?

え?そこはそんなに掘り下げるところではない??

でもこの10年前の『004545』の男性と現在の『004545』のオネエさんのように、
毎日、時間を問わず四六時中、
公衆電話に閉じ込められたから助けてほしい」という電話が来る状況……。

考えるだけでもゾッとしますね。

私だったら電話がかかってくるだけで怖くなっていると思うので、
問答無用で電話線を引っこ抜くか、スマホだった場合は解約もしくは着拒していると思います。

サクユウ
そう考えると男性の精神、強いですねΣ(・∀・ノ)ノ

10年前の『004545』に電話をかけた際は、男性の相談を聞いて、
新たな一面を開花しつつある感じで終わってしまいました。

現在の『004545』に電話をかけた際は、
オネエさんの人脈を駆使して探してくれることを約束してくれましたが、
結果は見つけてもらえずゲームオーバー。

見つけられなかったことでオネエさんが落ち込まないかが心配になってきました

とりあえず、10年前の男性と現在のオネエさんが同一人物だと仮定して、
オネエさんがオネエさんになるキッカケを知ることができるとは思わなかったので、
面白かったです!まさか拡張エピソードがオネエさんだったとは!(笑)

佐藤さんは公衆電話に閉じ込められたことで、今までの自分の行いなどを見直し、
それぞれのエンドに向けて人生が変わっていきました

この男性の場合は、
公衆電話に閉じ込められた10年後の人から電話がかかってくることで人生観が変わっていったので
本当に何がキッカケで人生どう転がっていくか分からないなぁ
染み染み考えてしまいました。

ともし皆さんが10年前の『004545』の男性の様に、
公衆電話に閉じ込められた10年後の人間から電話がかかってきたらどうしますか?

アップデート後の追加&拡張エピソードは全てプレイできたのか?

既存の番号のエピソード拡張について

アップデート前のプレイで得た【真実の断片】の番号。
アップデート後ではその番号の10年前に電話をかけられるようになっていたので、
制作者の加藤匠さんがツイートされていた既存の番号のエピソード拡張(約2種)の内の1種は
【真実の断片】の番号から10年前へ電話をかける話だと思うんです。
(コチラの記事の【追加エピソード1週目ネタバレ】が該当するのだと思います。)

それで残りの1種は、今回お話させて頂いた、
アップデート前のプレイで得たエンブレムにて判明した番号
『004545』の10年前へ電話をかける話だと思うのですが……。

もし間違えていたらごめんなさい。
その際は、コメントにて優しく教えて頂ければと思いますm(_ _)m
よろしくお願いいたします。

新規番号のエピソード追加について

新規番号のエピソード追加(約5種)について、
4種(4つのエンド)はこの前の記事まででお話させて頂いているのですが、
残り1種が見つからないんですよね。

(制作者の加藤匠さんは『エンド追加』ではなく『エピソード追加』と記されているので、
もしかしたら既にプレイし終えている可能性もあるのですが……。)

再びプレイし直して、確認していきたいと思います。

私がポンコツで、ごちゃごちゃと考えすぎて、
変な方向に考えがまとまってしまい、ゴールに辿り着けない可能性もあるので、
コレだよ!と分かる方がいましたら、その際も優しく教えて頂けますと幸いですm(_ _)m

まとめ

にゃーさん
もし僕がこの男性の立場で、
毎日時間を問わず救助を求める電話がかかってきたら……。
うん!考えるだけでも怖くなってきたからヤメよう!!
サクユウ
近日中に
終わっている分のアップデート後のエンドのまとめをさせて頂きますね!

ではではヾ(。・Д・。)

次の記事はコチラからどうぞ。
ゲームプレイはコチラからどうぞ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*