ノベルゲー『探しものは、夏ですか。』ネタバレ感想とあらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
突然ですが、『探しものは、夏ですか。』というフリーゲームを
ご存知でしょうか?
にゃーさん
女の子がビー玉を探すのを手伝うゲームだっけ?

今回は、

  • 『探しものは、夏ですか。』について、あらすじ
  • 『探しものは、夏ですか。』ゲーム内容ネタバレ
  • 『探しものは、夏ですか。』推奨プレイ環境

以上についてお話しさせて頂きます!

【オススメ記事】随時更新していきます。

スポンサーリンク

『探しものは、夏ですか。』って、どんなゲーム?

サクユウ
探しものは、夏ですか。』は、ワンダーフォーゲルさんが作成した、
無料でダウンロード可能のフリーノベルゲームです!
にゃーさん
優しいタッチで描かれていて、
色合いは「夏!」って感じなんだけれど、どこか涼しさも感じる絵柄だと思ったよ!!
【あらすじ】2018年8月、数年ぶりに田舎へ帰省した大学1年生の主人公は、
とある誤解からビー玉を探す不思議な女の子の手伝いをすることとなります。ビー玉を探しながら、昔一緒に遊んだ、けれど喧嘩別れをしてしまった女の子の友達のことを思い出し、
ビー玉探しの傍ら、その女の子を探しはじめます。

きっと忘れることのない、主人公の見つけた平成最後の夏休み。
主人公は女の子を見つけ出せるのでしょうか。
また、ビー玉を探している女の子は、何故ビー玉を探しているのでしょうか?

ゲーム内容

【1日目・8月7日ネタバレ】

早速プレイしていきます。
夏祭りでしょうか?屋台などの出店をバックに、
浴衣を着た女の子にいきなり「大嫌い」と言われてしまいましたΣ( ̄ε ̄;|||・・・

どうやらそれはプレイヤーである主人公の夢だったみたいで、
現代へと戻ってきました。
と、ここで主人公の名前が出てきました。

主人公は空木恭平(ウツギ キョウヘイ)くんというみたいです。

大学の夏休みを利用して、久々に田舎に帰省した空木くん。
丁度、七夕祭り(旧暦の七夕に合わせての開催)の時期らしく、
最終日には花火大会も控えているみたいです。

駅まで車で迎えに来る予定だった母からドタキャンされ、
熱い中、駅から母親の実家まで15分歩かなければならず、
ボーッとしながら歩いていたら道を間違えてしまった模様です。

せっかくだからと昔お世話になり、先日なくなってしまったという、
駄菓子屋さんの直田(スグタ)のばあさんのお店を見てから母親の実家に向かうことになるのですが、

誰も居ないはずの駄菓子屋さんから何やら物音が。

空巣か何かかと考えた空木くんは、閉められたシャッターにあるポストの穴から店内を覗くことに。

店内は直田のばあさんがまだ生きているのでは?と思えるほど
陳列棚などそのままになっているみたいなのですが、
なんと、空木くんと同い年か年下くらいの女の子が着替えをしているではありませんか!!

サクユウ
着替え中の女の子と目が合い、驚いた空木くんは、
そのままひっくり返り、頭をぶつけて気を失い、
先程の「大嫌い」の夢を見ていたようです。
それにしても、まさか閉まった駄菓子屋さんの店内で、
可愛い女の子が着替えているとは思いませんよね~!驚きです!!

着替えをしていた女の子・織原真琴(オリハラ マコト)から
痴漢だの除きだのと言われ、警察に通報されそうになりますが、
何とか誤解であることを説明。

織原さんは直田のばあさんの親戚とかではなく、
昔お世話になった子みたいで、合鍵の隠し場所も教えてもらっていたほどの親密さ

空木くんは警察に通報しない交換条件として、
織原さんのお願い『ビー玉探し』を強制的に手伝うことになりました。

【2日目・8月8日ネタバレ】

無理矢理取り付けられた集合時間10:00の10分前に駄菓子屋さんに到着した空木くん。
なんとわざわざお母さんから目覚まし時計を借りたみたいです。
まぁ弱み(痴漢・除き疑惑)を握られておりますもんね。熱い中、お疲れ様です。

さっそく織原さんに大学生であることを見抜かれ、何故と問うと、
理由は「賢くなさそうだから

……とても、バカにされまくりですね、空木くん(笑)。
織原さんは高校生らしく、空木くんに年上に対する態度をと言われるのですが、
「痴漢を敬えと?」と驚愕されてしまいました。

なんかもう空木くん、この子には敵わないんじゃないですかね?

それはさておき。
どうやってビー玉を探すのかと問うと、
どうやら織原さんには考えがあるみたいです。一体どんな考えでしょうか?

織原「歩いた道は大体把握してるから、そこをなぞるように歩く!

にゃーさん
……虱潰しにただひたすら練り歩いて探すことを
考えがあると言ってよいのか……?

探しはじめて5分。休憩しようという空木くんに喝を入れる織原さん。
空気が綺麗で、適度な運動をするには良いでしょう言うのですが、
夏の日差しが強い中、いつ終わるともしれないまま歩くのは結構辛いですよ……?

サクユウ
というか、高校生はまだ体育の授業があるから良いですけれど、
大学生となると、体育学科とかサークルや部活に入らない限り
運動する機会がガッツリ減るんで、
体力もなくなっていくんですよ、驚くほどに!!
例えそれが大学1年生だったとしても!!!
……と、過去の自分を思い出しながら「空木くん、頑張れ……っ!!」と
違う方向で応援するサクユウです(笑)。

と、ここで急に おばさんAとおばさんBが登場。
世間話をしているらしいのですが、おばさんたちの話し声って結構大きいので、
本人達にとってはそれほどと思っていなくても、結構遠くまで響いているのですよね。

で、そのおばさんたちの会話なんですが、
何やらこの田舎で「例の女の子」について物騒なことが起きている模様です。

詳しく聞き耳を立てているわけでも無いのですが、自然と入ってくる
おばさんたちの会話に耳を傾けていると、
織原さんに何をボーッとしているのだと怒られてしまいました。

駅にて水分補給をしつつ休憩する2人。
空木くんは、織原さんと直田のばあさんの関係性について質問をしますが、
織原さんはだんまり。

織原さんが口を開かないので、空木くんは直田のばあさんの死因についてお話します。
なんでも心筋梗塞で倒れ病院に運ばれたそうなのですが、自殺という噂もたっているみたいです。
織原さんは「そんな事するはずない!」と反論するのですが、不可解な点もあるみたいです。

その不可解な点とは、
死期を悟っていたかのような行動を直田のばあさんが取っていた
とのこと。

死期が近づいた人が取る有名な行動の1つに『右手鏡』というのがあるらしく、
鏡を見るように、右手を覗き込む行動のことを言うみたいです。
他にも、大事にしていたものを人に渡すなどの身辺整理をこの半年に行っていただとか。

空木くんは気落ちしてしまった織原さんにこの後の予定を聞きます。
引き続き駅周辺と、来た道とは別の道を探して帰ることを確認し駅の待合室から出ると、
もうすぐ電車が来るからか、来たときは閑散としていた駅周辺に人が集まってきているみたいです。

駅に来た、近くの中学生の会話が聞こえてくるのですが、
なんでも「女の子がいなくなった」話をしているみたいです。
先程のおばさんAとBが話していた物騒な話と関係があるのでしょうか?

消防団が川沿いなどを探しているみたいですが、
ひとりの中学生のおじいさんは「神隠しにあったのでは」と考えているみたいです。

女の子がいなくなるなんて、事件などの可能性もあるし本当に物騒であり、
親御さんは気が気ではないのではと考える空木くんなのですが、
少し離れたところに居る織原さんから口パクで「さがせ」と怒られてしまいました。

サクユウ
織原さん、なかなか厳しいですね!!

近くにいた中学生達には不思議そうに見られてしまったようです。
確かに駅周辺を彷徨いていては目立ちますもんね。

行きとは別の帰り道を探すもビー玉はなく、
途中にあった公園にて作戦会議が開かれることになりました。

そこは子供の頃帰省した空木くんがに遊んでいた公園らしく、
ここで空木くんと地元の子達が『だるまさんがころんだ』で遊ぶ、過去に場面が変わります。

冒頭の夏祭りのときに出てきた「大嫌い」と言った女の子と同じ浴衣を来た女の子が、
別の女の子に誕生日を祝っております。
どうやらその環の中に空木くんも入っているらしく、
空木くんや浴衣の女の子よりも早くに誕生日を迎えた女の子にお姉さんぶられてしまいました。

というところでまた現代に場面が戻り、飲み物を奢らされた空木くんは、
また明日も駄菓子屋さんに10:00集合と、
そして「織原さんが通ったかもしれない道を考えてくること」という宿題を出されてしまいました。

帰り道、女の子の失踪なんていう物騒な事件を思い出しながら、
過去にもそんなことがあったな、と思い出す空木くん。

口論の末「大嫌い」と言われた後、浴衣の女の子とは会えずじまいだったらしく、
帰宅後に母親に聞くも「知らない」とバッサリ。

お祖母ちゃんに聞くも、家に連れてきたことが無かったため、分からない。
質問を変えて、自分と同じくらいの子供か孫が居なかったか問うと、
島田さんという方のところにお孫さんだったかもしれないとのこと。

明日、ビー玉探しの帰りに寄ろうと考えている空木くんにお祖父ちゃんが話しかけてきます。
どうやら、お祖父ちゃんは口数が少なく、空木くんにとって何を考えているのか分からず
苦手意識を持っているみたいです。

明日は早く切り上げてもらうようにお願いしようと考えたところで、
8月8日は終わりました。

【1日目と2日目を終えての感想】

まず背景も含めて全体的に絵柄が統一されているから世界観がぶれないですし、
しかも綺麗な絵柄で織原さんが可愛い!!

ちょっと……いや、かなり強引なところがありまくりな織原さんですが、
本当に見た目は凄く可愛い女の子です。

田舎の町並みや公園、駅などの背景も丁寧に描かれており、
全体的に水彩タッチな優しい塗り方をされているので、
どこか懐かしさすら感じられました。

で、実際のゲーム内容なのですが、
流石に1日目と2日目は世界観や主人公の状況などを知ることが大事なので、
ひたすらゲームを読み勧めていくというものでした。
(当方、普段ゲームをやらない身なので、
ノベルゲーなんだから当たり前だよ!というツッコミはしないでくださいねっ!!)

夏休みの田舎町が舞台なので、
蝉など虫の鳴き声が響き渡り夏を感じることができます。

お仕事の関係上これから夏休みという方や、今年の夏は満喫できなかったな~という方
『平成最後の夏』と言われた今年の夏を、このゲームで今の時期に体感できますよ!!
サクユウは体感できました(笑)。

ちなみに分岐なしの一本道な短編ノベルゲーなので、
忙しいという方もサクッと夏を感じられるかとおもいます。

推奨プレイ環境

2018年8月31日から配信されているこちらのゲーム、
当初はMACのsafariだと諸々不具合があったようですが、
現在(2018年9月21日)は修正されているようなので、
ブラウザでプレイしても、WIN版もしくはMAC版でダウンロードしてプレイしても大丈夫みたいです。

月末までにシナリオ等の大きめのアップデートを行う予定だそうです。

まとめ

サクユウ
今回はフリーノベルゲーム『探しものは、夏ですか。』について
お話をさせて頂きましたっ!!
にゃーさん
織原さんは何故ビー玉を探しているのか。
行方不明となっている女の子と何か関係があるのか。
とっても続きが気になる!!

ではではヾ(。・ω・。)ヾ(。・Д・。)ヾ(。・ρ・。)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*