ネローニの苦労に涙。ホラー×デスゲーム『囚われの館』ネタバレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
みなさんはペットを飼っていますか?
にゃーさん
うちはね、亀を飼っているよ~!

という訳で?今回は、

  • 『囚われの館』プレイしてみたネタバレ感想Part.3

以上についてお話しさせて頂きます!

!注意!
コチラの記事は、『囚われの館』のネタバレを多分に含みます
同作をプレイし終えた上で読むことを推奨いたします。

スポンサーリンク

『囚われの館』って、どんなゲーム?

サクユウ
『囚われの館』は、スタジオわさびさんが作成した、
無料でダウンロード可能のライトホラー×デスゲームです!
【あらすじ】
目を覚ますと見知らぬ森の中に居た少女。困惑しつつ早く家に帰らねばと思うも、
自分の家がどころか自分に関することを殆ど覚えていない状態
調べようにも持っていたはずのスマホも失くなっている。

とりあえず誰か人を探そうと少女が森の中を歩くと、目の前に大きな門が現れた。
その先には大きな館が建っており、誰か居ないかと尋ねるも誰も出ない。

扉には鍵がかかっておらず、勝手に開いた扉を通り誰か居ないかと少女が尋ねると、
見知らぬ少年が現れて……?

『囚われの館』をプレイするには?

サクユウ
現在PCスマホでのプレイが可能となっております!
にゃーさん
PC版はMAC非対応みたいだから注意してね!
(2019年3月11日現在)
スタジオわさび『囚われの館』はコチラからダウンロード可能です!

【第1章 醒めない悪夢】をプレイした感想&ネタバレPart.3

★Part.2のおさらい★

  1. 犯人を特定する手がかりとなる金色のナイフを探すこととなった少女
  2. でもジンとハルは館の住人たちの前に姿を現すことができない
  3. 自分自身の力で自分ひとりで脱出しなければならないと理解し、金色のナイフを探し始める
  4. キッチンにて金色のナイフを探すも、それらしきものはなく、
    コックの大事な金色のアレもなくなっているとのこと
  5. コック曰く“イタズラで子供たちが持っていった”可能性が高く、モルフォとチルの部屋を探索
  6. しかし金色のナイフは見つからず、チルのおままごとにもつきあわされる

ネローニの説も?

これ以上探しても、モルフォとチルに話しかけても何もなかったので、部屋から出ます。
すると、モルフォとチルの部屋の間に置いてある棚が急に動き出しました

驚きつつ下を覗いてみると、隙間から光る目のようなものが!!何?!!
少女が驚くと、棚の下からヌルッとネローニが登場

さっきトイレで襲ってきた犯人の出方と酷似していますね。
隙間から入ってこれるのは、小柄なモルフォとチルだけでなく、
ネローニも当てはまりますね

何故隙間に入っていたのかと問うと、
狭い隙間を見つけるとつい入ってしまうとのこと。猫の習性らしいです。
その後ネローニはそそくさと去っていきました。

金色のナイフに意識が向いていたけれど、
トイレの隙間から入って来れるのはモルフォとチルだけでなく
ネローニも怪しいと気づいた少女。

でもネローニは館の住人ではなくリーサのペットであり、
自分を襲ってくることはあるのかと疑いますが、ネローニについても調べてみることに

ネローニに後を追い上の階へ行くと、
自分の部屋へ入っていくネローニが見えましたので、着いていきます。

ネローニの部屋の前に立ち、入ろうとすると、
中から酔っ払ったリーサが出てきました

リーサは気持ち悪いと訴え、大丈夫かと心配する少女をおいて
ネローニの部屋の前で寝始めてしまいました
悪酔いにも程があるっ!!

ネローニの部屋に入るには、寝ているリーサを起こして移動してもらわなければなりません。

根気強く少女が話しかけると、更にお酒を持ってきてほしいとのこと。
それは酔に効くお酒で、一発で良くなるとのこと。

迎え酒はよく聞きますが、酔に効くお酒があるのですか。

そのお酒は赤い色をしており、1階にあるみたいです。
ということで1階に行きましょう。

お酒と亡霊

とりあえずお酒はリビングもしくはキッチンに在ると思うので、そちらへ向かいます。
リビングには誰も居らず、お酒もない様子。
リーグルが座っていた場所のお皿だけ割れていました。

しょ、食器に限らないですけれど、物は大事にしましょうよ……。

キッチンへ入って真っすぐ進んだ場所には水色のオブジェ?があり、
赤い液体のようなものが入ったグラスが。
これがリーサの言う酔に効くお酒なのでしょうか?

お供えされているように置いてあるグラス。
取っても良いのかなと少女は悩みますが、
今の私に迷っている暇はないと、そのグラスを手に取ります

少女がグラスを手に離れると、水色のオブジェが動き出し、
八角形の何かが落ちてきました
。今度は何ですっ?!!

八角形のそれは「かってに…おれの…酒を…とったな…」と、
しかも「ゆるさない…ころす」とまで言い出しました!!!!!

え、少女は館の住人以外からも殺される可能性があるのです?!!

直後、キッチンの入口から入ってきたジンから
「何やってんだ…!いいから、早く逃げろ…!」と慌てた様子で言われました

慌て戸惑う少女ですが、後でジンが説明してくれるみたいなので、
とりあえずここは逃げたいと思います!!

意外と動きが速く、リビングまで追いかけてくる八角形のそれ。

リビングから出て、早く逃げないとと焦る少女に
扉の前でスタンバっていたジンから「アイツはもう諦めて追ってこない…」と言われました。
リビングまで執念深く追いかけてきたのに、諦めます?!

ジン曰く、あの八角形のそれはキッチンに取り憑いた亡霊らしく、
リビンクからこっちには出てこれないそうです。
そしてこの館は住人以外も少女を襲ってくることがあると。

にゃーさん
それを早く行ってほしかった……ッ!!

ネローニとリーサ

なにはともあれお酒はゲットできたので、リーサの元へ向かい、
酔に効くお酒を渡します。

一気飲みしたリーサは見事復活し、少女にお礼を言ってネローニの部屋へ入っていきました。

リーサガネローニを使って自分を襲わせた可能性もあるので、
いつでも逃げられるように警戒しつつネローニの部屋へ入ります。

先程復活したリーサは、ベッドの横で寝ていました。
ネローニに話しかけるなら今のうちなのですが、
部屋の中で光っているものが気になるので、先にそちらを調べてみます。

まず部屋に入って右手側に在る棚の上に置かれた首輪
そこには幼い字で“ねろーに”と書いてあるようです。
ネローニが書いたのでしょうか?でも天文学などの難しい本が読めるのですから、
カタカナくらい書けそうですよね?

次はベッドの後ろに置いてある本棚。
光っている本は少しボロボロで『ぐーたらコック』というタイトルの絵本みたいです。

サクユウ
天文学のような難しい本から、子供向けの絵本まで、
ネローニは幅広いジャンルの本を読むのですね。

『ぐーたらコック』……先程の女性のコックは、
仲間のひとりがサボることがストレスとなっていると説明にありましたが、
この絵本と関係が在るのでしょうか?

これ以上は光っている場所から何も調べられないので、
ネローニに話しかけましょう。

勢いで来た少女。怪しまれないように慎重に話しかけようね?
少女はまずネローニはリーサのペットであること
そしてリーサの言うことなら何でも聞くのかということを確認します。

対してネローニは、自分はリーサのペットであること
リーサの言うことを聞かないと怒られてしまうことを教えてくれました。

ね、ネローニ……ッ!!!
何で言うことを聞かないと怒るような人間のペットなんかになってしまったんですか!!

ペットは主人を選べないかもしれないけれど、
頭の良いキミならなんとかできなかったのですか?!!

ネローニの返答を聞いた少女は、更に
最近は、なにかお願いされた…?」と質問。

けれどネローニ曰く最近は無いとのこと。
少女は、リーサがネローニを使って襲わせたことは見当違いだったのかもと予想します。

サクユウ
……いやいやいや。ネローニが嘘を着いている可能性もありますよ?
そんな簡単に信じて大丈夫です??
あれ?私までリーグルのように疑り深くなっています?

と、ここでいつの間にか起きていたリーサが
私のネローニになにか用か」と酔っ払いながら聞いてきました。

少女、ピンチ!

あたふたしながらも、喋る猫が珍しく話しかけてしまったと言う少女。
リーサはあっさり信じ、ネローニの自慢を始めました。

……ネローニ、大変ですね。

そんなネローニからは勉強の邪魔だから静かにしてくれと言われてしまい、
その言葉に号泣するリーサ。
少女はあまりお邪魔するのは悪いと、ネローニの部屋から出ていきました。

追いかけっこ

リーサがネローニを使って襲わせたと思ったけれど違ったのかと考える少女は、
どこからともなく現れたジンに

  • 金色のナイフはまだ見つかっていないこと
  • 昨日少女を襲った人間はトイレの隙間から入ってきたこと
  • その隙間から入ってこれる可能性のある、モルフォ・チル・ネローニの誰かかと思ったこと
  • でもまだ誰かは分かっていないこと

以上を説明します。

これからいったいどうすればと行き詰まる少女に対して、
舌打ちをしながら面倒だけれどひとつずつ調べるしかないと言うジン。

ここでまた「そんなめんどくさいことしちゃダメだよ~」と
どこからともなくハルが出てきました。

にゃーさん
ジンとハルは何で突然出てくるの。
やっぱり幽霊か何かなの?

何でお前が出てくるんだと言うジンに対して
2人があまりにもどんくさいことをやっているから、
僕が助けてあげなくちゃと出てきたと言うハル。

ハルにかかれば少女を狙う住人なんて直ぐに分かるそうです。
だから部屋でゆっくりしていてと言うハルに怒ったジン。

ふたりは少女を置いて追いかけっこを始めてしまいました
いや、いくら住人の前に現れられないとはいえ、
危険な状況にある少女を置いて弄れないで頂きたい

結構長くなってしまったので、今回はここで終わりにしたいと思います。

【ここまでを終えての感想】

今回は、

  1. 館の住人たちだけでなく、この館の中には少女を襲う危険性のあるものが他にも在ること
  2. リーサの言うことを聞かないと怒られてしまうネローニが襲ってきたと考えられるけれど、
    その可能性は低いこと
  3. リーサがどうしようもない酔っぱらいであること
  4. ジンとハルは追いかけっこするほど仲が良いこと(?)

それらを知ることができました。

ゲーム機能の感想だと、
セーブだったりゲットしたアイテム(今回であれば、酔に効くお酒)の使用が自動で行えるので、
そういった意味でもサクサクできてとても楽しいです!
セーブ厨のサクユウには大変ありがたいオートセーブ機能。万歳。

それにしてもネローニが本当に可哀想です……。
天文学の勉強ではなく、
飼い主の元から逃れる方法を模索したほうが良いのではと思ってしまいました。
何でリーサのペットになってしまったのでしょうね?

まとめ

サクユウ
という訳で今回は『囚われの館』についてお話させて頂きました!
にゃーさん
モルフォとチルとネローニ……。
少女を襲ってきた人は誰なのかな?

ではでは ヾ(。・ρ・。)

次の記事はコチラからどうぞ。
スタジオわさび『囚われの館』はコチラからどうぞ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*