マンガ『ドロ刑』5話ネタバレ感想あらすじ。車の行方は?

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです
マンガ『ドロ刑』4話では、煙鴉が甘い飲み物好きで、
朝が弱いことが分かりましたね!
にゃーさん
え、そこなの?
もっと色々とあったよね?!

今回は、

  • マンガ『ドロ刑』5話あらすじ
  • マンガ『ドロ刑』5話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

マンガ『ドロ刑』作品紹介と4話おさらい

サクユウ
『ドロ刑』は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の、
YJ期待の新鋭・福田秀先生によるマンガです。
2018年10月19日には3巻が発売(2018年10月20日現在)!
2018年秋の日テレ土曜22時枠ドラマ
『ドロ刑-警視庁捜査三課-』の原作でもあります!!
【4話おさらい】
同僚に送ってもらった捜査資料データから、煙鴉のものと思われる事件の手口調査を行い
少しでも煙鴉について情報を集めようと奮闘する斑目

そんな彼の昼飯ストックのラインナップ(カツ丼・牛丼・親子丼)に
「見てるだけでもたれる」と評価し、
「朝弱いんだよねー」と深々とハットを被り、助手席にてくつろぐ煙鴉

2人が朝から車で向かうのは、車両窃盗の被害を受けた親子のところで、
被害者夫婦は不安そうにしている娘一人をパトカーに残し、夫婦喧嘩の真っ最中

その夫婦の様子に、
盗られていい気味と思ってる、ヤル気が出ないから帰りたい、駅まで送ってねと煙鴉が言うも、
お前の運転手じゃねーんだ」と捜査に加わる斑目に放置されてしまう

ヤル気が無かった煙鴉だが、被害者夫婦の娘と会話をし
その間、夫婦喧嘩真っ最中の被害者夫婦を更に煽り(無自覚)、
先輩刑事から追い払われた斑目と共に、車探しをすることになって……。

マンガ『ドロ刑』5話あらすじとネタバレ感想

マンガ『ドロ刑』5話あらすじ

カフェにて、斑目の端末に送られてきた監視カメラの映像を確認する斑目煙鴉

その映像から、盗んだ車を隠して運ぶ際の知恵はあるのに、
監視カメラに撮られる迂闊さがわざとらしい
と指摘する煙鴉とそれを聞いた斑目は、

隠す所を見たからって本当にそこにあるとは限らないと視野を広げ、
本当に探すべきところを探していく。

中央監視室にて、
トラックに盗難車が乗せられた映像から5分後の、反対出口に設置されているカメラの映像から、
そこに映っていたトラックに盗難車が入れ替えられたことに気づき
入れ替えたトラックの車体に印字されていた会社へと向かう

会社は無人であったが、窓から見えた裏帳簿から盗難車が運ばれた場所を突き止め
2人は現場へと向かう。

そこで煙鴉はあるものを盗み……?

マンガ『ドロ刑』5話ネタバレ感想

よくチェーン店のカフェだとかでドリンクを購入すると、
店員さんがカップにメッセージやイラストを書いてくれるじゃないですか。

斑目さん、それを知らないらしく、
カップに絵を描いて遊んでいるバイトがいると店長に報告するか
真面目に言う
んですよ。

私も滅多にそういう場所には行かないですけれど、
流石に知っていたので、思わず笑ってしまいました(笑)。

真面目な斑目、良いですね!!

で、そういう場所に行き慣れているであろう煙鴉は、
暫く間を置いた後、そうしなよ!!と本当のことは教えてあげていませんでしたw

にゃーさん
斑目、本当に店長へ報告に言ったのかな……?

で、監視カメラの映像から、知恵のある犯人のわざとらしい迂闊さが気になった煙鴉が
斑目の胸ポケットから盗んだ(本日2回目)ボールペンで、
目の前でボールペンが消えるマジックを見せる
んですけれど、

斑目、普通にマジックに感動して拍手までしてるんですよ。
可愛いな?!
まぁ直ぐに自分の胸ポケットにあったボールペンだと気づくのですが。

煙鴉の言葉とマジックからヒントを得た斑目は、
煙鴉と一緒に場所を移して他の監視カメラの映像も確認し、
車を運んでいったトラックに印字されていた会社へと向かいます。

盗難車が運ばれたであろう場所を突き止め、現場へ向かうのですが、
ここで煙鴉は車内でお留守番
しかも「何も盗むなよ!」と注意までされちゃいます。

この人が煙鴉だとして、
煙鴉の犯行は、タバコの残り香が無い限り盗まれたことにすら気づかない程、
手際の良い盗みっぷり
なんですよね。
何を盗まれても当分は気づかなそうですよね……。

車内から斑目が去った後、やっぱり煙鴉はじっとしておりません(笑)。
ダッシュボードを勝手に開き、そこに封筒が入っていることを確認します。
一体何が入っているのでしょうか?

場面は変わり、斑目は単身で現場を調査し、
積み荷からナンバープレートが外された車を発見

直ぐに先輩刑事へ連絡すると、そちらの方でも業者の裏が取れたとのこと。

体制を整えて30分で現場へ向かうから待機していろと言われるのですが、
それだと犯人達の出向までに間に合わないません

でも独りで動くのは危険です。
先輩刑事からも、そこから動くなと念押しされてしまいます。

でもここで諦めず、犯人達の足止めをする何かをと考える斑目

サクユウ
彼の直ぐに諦めずに、考えたり動こうとする粘り強さ
見習わなくてはならないです……。
私、直ぐに諦めちゃうので……。

と、ここで犯人達がかなり慌てた様子で動き始めます
間に合わなかったかと斑目も焦るのですが、
犯人達の様子から違うと判断し、車の中に残した煙鴉がやったことだと気づくのですが、

そりゃあ、驚きますよね!!
誰もあんな大きなモノを盗むとは思いませんもん!!!

ここで煙鴉が盗んだモノ、
是非ともマンガの方で確認してみてください!

まとめ

サクユウ
マンガ『ドロ刑』第5話についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
6話では無事、車を取り戻せるのか?
車の中で煙鴉が見た封筒の中身は何だったのか?
次回までお楽しみっ!!

ではではヾ(。・ω・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

『忘却バッテリー』5話ネタバレ感想あらすじ。ヒロイン登場

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
最近、スポーツニュースで野球を見る度に、
何故か要が脳内を通過していく現象が起きています(笑)。
にゃーさん
そんな(?)要が出てくる『忘却バッテリー』の
5話についてお話していくよーっ!!

という訳で今回は、

  • マンガ『忘却バッテリー』5話あらすじ
  • マンガ『忘却バッテリー』5話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

!注意!
コチラの記事は、『忘却バッテリー』のネタバレを多分に含みます
同作を読んだ上で読むことを推奨いたします。

マンガ『忘却バッテリー』作品紹介と2話おさらい

【4話おさらい】
急遽、一打席のみの勝負をすることになった清峰・藤堂・千早
見ているだけだった要も捕手を自ら立候補し、その勝負に参加をするも、
山田に全力で(物理的に)サポートしてもらいながらという少し頼りない状態。

この一打席のみの勝負で、
要は相変わらずのアホっぷりを、
山田はモノローグと会話の中でツッコミを、披露していく中、
藤堂は意外とノリよく要のアホな質問に答えたりツッコミを入れつつ、
清峰を挑発しながら豪快に打ち上げる

それに対して清峰は負けず嫌いを発揮し、
「今のはあくまで肩ならし」と、一打席のみというルールを無視して球を投げる

投げられてくる球を反射的に打ってしまいながらも講義する藤堂と
それを無視して投げまくる清峰。

それらを暫らく静観していた千早は、
売りである脚で驚くほど速く走り、見事打たれた球をキャッチ

そこにも負けず嫌いを発揮して張り合おうとする清峰だが、千早には上手く流されてしまう。

この一打席のみの勝負で、少しはコミュニケーションがとれた(?)一同。

藤堂と千早は野球部に入部してくれるのか?
要は2人と友だちになることが出来るのか??

マンガ『忘却バッテリー』5話あらすじ

藤堂と千早から嫌われていると思うだけで寝れず、ボロボロの状態で登校して来た、
肌年齢と山田からは嫌われていないかを気にする

落ち込む要と筋トレをする清嶺に対して
親睦深めるために 授業後遊びにでも誘ってみたら」と提案する山田。

それに賛成した要は、山田と清峰と一緒に藤堂と千早のクラスに行き、
放課後遊びに行こうと山田が要の言葉を代弁して誘うが、キッパリ断られる。

そんな彼らの態度に真っ青になりながら震える要の横で静観していた清峰が、
藤堂用と千早用と書かれた、清峰兄のAVコレクションを渡し、親睦会へ見事(?)誘う

今日は家に誰も居ないという要家へ着いた彼らに待っていたのは……?

マンガ『忘却バッテリー』5話ネタバレ感想

今回はThe・日常回でした。

5話は藤堂と千早が教室で会うシーンが最初に出てくるのですが、
2人はまさかの同じクラスでした。

テンポが良いとは言えない会話(というより挨拶程度?)をするのですが、
「入んのか?野球部」という藤堂の質問に対して「まさか!」と答える千早と、
それに対して「だよなぁ」と応える藤堂

2人共、野球部に入ってくれないのですかね……?

2人がそんな会話をしている一方、
別のクラスである清峰と山田は、げっそりとした要と朝から会うことになります。

要がボロボロの理由は、
まさかの藤堂と千早に嫌われていると思ったら寝れなかったからというもの。

確かに4話でそんなことを言っていましたが、まさか本当に寝れなくなる程だとは!
私も人から嫌われたり、誹謗中傷されたりマイナスな発言をされるのは
グサッと心にナイフやら矢やらが刺さりまくって辛いものがありますが、
寝れない程では無いので驚きです。

そしてやっぱり4話で話していた通り、肌年齢というか美肌のことを心配している要に、
「女子力高いなぁ……」と静かに思いました。

サクユウ
こんな時間(午前3時)にブログを書いている時点で、
私には要のような女子力が無いことは明らかですw

そんな繊細な要を放置せずに親睦を深めるために遊びに誘うことを提案する山田は優しいですよね。
私も彼みたいな友達がほしいです。切実に(笑)。
いや、本当に冗談抜きで。だって凄い良い友達になってくれると思うんですよ。山田。
もちろん、要と友だちになれたら、毎日飽きることが無いんだろうなぁとも思いますがw

要は山田の提案に賛成しつつも、
「俺の全ツイートに全いいねくれる人じゃないとグイグイ行けないわけ!」という、
訳の分からないような分かるような微妙な持論を繰り出し、
藤堂と千早のクラスに言っても一言も話さず、
山田に言いたいことを代弁してもらう
んですよ。

重大要素である、

  • 家族不在
  • PS4あります!!

というメッセージは、要が自ら伝えるのですが、その伝え方がまた独特で。

どの様に伝えたかというと、
どこから取り出したのかプラカードのような持ち手が着いているカンペを取り出し、
見せ
というもの。
当然クチで言え!」と藤堂に怒られてしまいます(笑)

藤堂と千早は誘いを断り帰ろうとするのですが、
清峰に名指しで呼び止められるんですよ。

4話で2人の名前を覚えたことを話しているのですが、
実際に強い人に認められ、しかも名前で呼ばれるって凄く嬉しいことですよね!!

で、清峰がどうやって2人を誘うのかとワクワクしながら読み勧めたのですが、

ここで登場する清峰兄のコレクションwww

なんと清峰兄、野球のプレイスタイルさえ分かれば、
その人の趣味趣向全て提供できるというトンデモナイ特技をお持ちのようです!!!

にゃーさん
……冷静になって書いてみると、この特技、結構怖いなっ?!

そんなお宝に釣られて、要宅へ親睦を深めるために遊びに行く5人。
今日は家族が不在という要宅にて一同を迎えたのは、
このマンガで初登場となる女性キャラっ!!!

ここからこの女性キャラと要の会話、女性キャラの他4人に対する絡み方などの流れが
個人的にとても面白くてめちゃくちゃ大好き
なのですが、
皆様にも実際に読んで楽しんで頂きたいので、ここでは割愛させて頂きます。

……やっぱり一言だけ言わせてください。
初ヒロイン、最高wwwww

あ。あと、要のこれまで見たことのない真剣な謝罪と、
爆笑する藤堂と千早を見ることができます(笑)。

にゃーさん
2人からの好感度が上がって良かったね!要くんっ!!

どうにか立ち直った要と藤堂と千早は、
目的であるPS4をやろうとするのですが、家にはホッコリ系のゲームしかありません
理由は要が勝ったり負けたり戦うのが嫌いらしいからです。

その要の発言に、過去、野球でボコボコにされたことや
都合よく記憶喪失とか有るのかと、藤堂からプロレス技である逆エビ固めをキメられてしまいます
なんだかもう、要と藤堂のやりとりは、見ていてホッコリしてきてしまいましたw

で、そんな2人の横で、
清峰は要のベッド下に置いてある、記憶喪失前に使用していたグローブの存在を千早にバラし
要は藤堂と千早から
「結局捨てられないってことは、なんだかんだ言って野球が好き」だとからかわれます。

記憶喪失になったとは言え、
捕手として清峰の(本気ではないけれど)球をキャッチできたり、打撃もできたりと、
身体がある程度野球を覚えていることから、なんとなく捨てられなかったのですかね?

散々からかわれた要は反撃と言わんばかりに、
藤堂と千早も同じ様に捨てられていないのだろうと指摘

図星だったらしく、両名は赤面しながら必死に捨てたと言い張ります。捨てられていないのですね。

サクユウ
愛着があったり、これまでの人生を注いできたものを
辞めたからハイアッサリと捨てられないですよね。

言い争い、クタクタになった要と藤堂、千早の前に
常備しているのか持っていた野球部入部届を渡す清峰
アホな流れで結局、要と藤堂と千早は野球部へ入部してしまいます

にゃーさん
面白い流れで入部することになったとは言え、
部員が増えてよかったね!清峰くんと山田くんっ!!

3人ともグダグダと言いつつも、
最後には笑って「のんびりキャッチボールでもしますかね」と話しているので、
本当に野球部に入ってくれて良かった~と私もホッとしてしまいましたε-(´∀`*)ホッ

そんなほのぼのとしたシーンから一点、
帝徳高等学校という、彼らが通っている高校とは別の高校へシーンが切り替わります

どこからか清峰と要が都立に入学したことを知った、
帝徳高等学校野球部員・国都英一郎(コクト エイイチロウ)

監督へ清峰達が通う都立小手指高校との練習試合を組んで欲しいとお願いし……?

愛好会として野球をのんびり楽しんでいる彼らに、まさかの練習試合が?!

まとめ

サクユウ
という訳で、今回は
『忘却バッテリー』5話についてお話させて頂きました!
にゃーさん
藤堂と千早が野球部に入部してくれたのは良かったけれど、
昨年の甲子園出場校である帝徳高等学校との練習試合はどうなるんだろう?!

ではではヾ(。・Д・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

マンガ『ドロ刑』4話ネタバレ感想あらすじ。煙鴉は魔法使い

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
マンガ『ドロ刑』の第3巻が10月19日に発売ですね!
にゃーさん
本屋さんで買うのが今から待ち遠しいっ!

今回は、

  • マンガ『ドロ刑』4話あらすじ
  • マンガ『ドロ刑』4話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

マンガ『ドロ刑』作品紹介と3話おさらい

サクユウ
『ドロ刑』は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の、
YJ期待の新鋭・福田秀先生によるマンガです。
【3話おさらい】
窃盗や空巣など、他の事件の捜査をしつつ、
煙鴉を捕まえるために独自で捜査を勧める斑目勉は、煙鴉の本名を知るため、
斑目と煙鴉のどちらが先にドロボウ好みの家を見つけられるかの勝負を始める

住宅街を歩きながら、ドロボウ好みの家を探していく2人は、
現在進行系で空巣を行っているドロボウ達を発見

ドロボウ3人に対して、警察は斑目1人。
全員を捕まえるのは難しく、けれど応援を待っていても……と悩む斑目に、
手貸してあげてもいいよ」と煙鴉は提案。

斑目と煙鴉は3人の空巣を捕まえられるのか?
また、斑目は煙鴉の本名を知ることができるのか?

にゃーさん
2018年10月19日には、3巻が発売されるよ!
(2018年10月14日現在)

2018年秋の日テレ土曜22時枠ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』の原作でもあります!!

マンガ『ドロ刑』4話あらすじとネタバレ感想

マンガ『ドロ刑』4話あらすじ

本名すら分からない煙鴉の情報を少しでも集めるために、
食事を手早く済ませながら奮闘する斑目。

朝から煙鴉を助手席に乗せ、
以前捕まえた車両窃盗のグループと同じ手口と思われる事件現場へ向かう。

しかし現場に到着したものの、
「ヤル気出ないから帰るよー」と言い出す煙鴉に、
幼い娘1人残して、盗まれた車のことで喧嘩中で全く話が進まない被害者夫婦

斑目は夫婦喧嘩を上手く仲裁し、盗まれた車を見つけ出せるのか?

マンガ『ドロ刑』4話ネタバレ感想

1話~3話は1話完結のお話だったのですが、今回の4話は5話と6話の続きものでした。
美希ちゃんから携帯端末に送ってもらった(美希ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!)、
「煙鴉かは分からないが、タバコの香りが報告に合った過去の事件」のデータを確認しつつ、
社内で食事を摂る斑目なのですが、

ここまで根気強く煙鴉を捕まえるために動くのも凄いな、と。

相手はタバコの残り香以外、家主ですら盗みに入ったことに気づかないほど
完璧に証拠を残さない
んですよ?
そんな相手を捕まえるために動く体力と
集中力が続くのが本当に凄いな、と感動
してしまいます

私の今までの人生に、そこまでの情熱があったことが今まであったかなー?(;´Д`)
見習わなくてはなりませんね。

ちなみに斑目の昼飯ストックのラインナップは、

  • カツ丼
  • 牛丼
  • 親子丼
サクユウ
……胸焼け、しないんですかね?
身体年齢が若いって素晴らしいっ!!(そこ?)

案の定、煙鴉からは「見てるだけで もたれる」と、
斑目のスーツに向かって投げられてしまいます

けれど煙鴉が飲みたいという「バニラホイップエクストラ―――ペチーノ」という飲み物、
恐らくとても甘いものだと思うのですが、名前から既にもたれそうなので、
人のこと言えないと思うサクユウでした。
実は甘党なのですかね?煙鴉は

あ、あと煙鴉は朝が弱いみたいです。
分かります。朝は本当に起きるのが辛いですよね(笑)。

ちなみに斑目はそういうものに疎いらしく、
煙鴉が飲みたいと言った物が分からず、ペチーノから独り連想ゲームを始め、
朝っぱらからワインかよ」と結論づけていました。

にゃーさん
朝からワイン……それはそれで優雅だなぁ~。

煙鴉の方が、斑目よりも世の中の流行りに敏感そうですね……。

車両窃盗の現場に着いた2人なのですが、
被害者夫婦は人目も気にせず、自分たちの幼い子どもを放置して、盗まれた車について大喧嘩

確かに大事なものが盗まれたり、突然失くなってしまうのは悲しかったり憤りを覚えたりしますよね。
しますけれど、子どもを放置しないであげて!
ほら、パトカーの中で独り不安そうにしているじゃないですかっ!!

煙鴉もその点について何か思ったらしく、
盗られていい気味と思ってる」と正直に話しております。

ヤル気は出ないけれど、斑目の用事が終わるまでは待っているから、
駅まで送ってねと笑顔で言う煙鴉も中々だと思いましたw

斑目はタクシー変わりなのでしょうかww
もちろん違うので、即座にキレながら断っておりましたが。

そんな斑目を可愛くないと評価しつつ、
斑目から盗み取ったボールペンで、不安がっている女の子にマジックを見せる煙鴉。
女の子はその様子から煙鴉を「まほうつかい」だと思い、確認をするのですが、

煙鴉さん、自分が「まほうつかい」であることを認め
ちゃっかり盗んだボールペンを女の子にプレゼント!(笑)

今までもちょこちょこ思っていたのですが、結構おちゃめさんですよね

煙鴉が「まほうつかい」だと信じた女の子が、車を見つけてくれるように依頼している一方、
未だに夫婦喧嘩を続けている2人から話を聞くために動く斑目なのですが、

それは正直に言っちゃだめですよ(笑)ってことをガツンと良い笑顔で言ってしまいますww

読んでいてリアルに吹き出してしまいましたwww
その場に居た先輩刑事も、喧嘩していた夫婦もビックリしたでしょうね!!
煙鴉に至っては、身体を震わせながら笑っていますからね!
ちなみに、もし私が夫婦の立場だったら、呆然としてしまいます(笑)。

いやぁ、それにしても本当に良い笑顔です。清々しいですw

そんなことは置いておいて、車探しに燃える斑目なのですが、
「どうやって?」と煙鴉に聞かれるも良い手が見つからず

ワインを飲むか勧めてしまいます

ペチーノから引っ張っているのでしょうね。
恐らく煙鴉が飲みたいと言っていたものはワインではありません。

女の子から依頼され、車探しをやろっかという煙鴉と、
車探しに燃える斑目は、無事に見つけ出すことが出来るのでしょうか?

5話が楽しみです!!

まとめ

サクユウ
マンガ『ドロ刑』第4話についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
不安そうにしていた女の子に笑顔が戻るといいなぁ。

ではではヾ(。・ω・。)

ドラマ『ドロ刑』1話ネタバレ感想とあらすじ。ネットの評判

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
2018年10月13日の夜22:00から、
ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』の1話がとうとう放送されましたね!
にゃーさん
昨今、マンガや小説が原作のドラマなどが増えてきたけれど、
今回はどうなのか楽しみっ!!

なので今回は、

  • ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』作品紹介
  • ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』1話あらすじとネタバレ感想
  • ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』注目ポイントとネットでの評判

以上についてお話しさせて頂きます!

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』作品紹介と原作情報

ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』は、
新米刑事が、何かとちょっかいを掛けてくる熟年大泥棒相棒に、
ときには大泥棒のアドバイスを聞き、ときには反発し合いながら事件を解決していく、
2018年秋の異色刑事ドラマです!!(日本テレビの土曜22時枠で放送中)

ドラマの脚本を手がけるのは、
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』や
『医龍-Team Medical Dragon-』のSeason2とSeason3の脚本を書かれた林宏司さんです。

にゃーさん
スペシャルPR動画『刑事の階段のぼる』が
現在#5まで配信されているよ!
上の公式ツイートからチェックできるので、是非!!

『ドロ刑』原作情報

ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』は、
『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の、
YJ期待の新鋭福田秀先生によるマンガ『ドロ刑』が原作で、
現在、単行本は2巻まで発売中(2018年10月14日現在)です!

【原作マンガ『ドロ刑』のネタバレ感想とあらすじはコチラから!】
異色のコンビ!マンガ『ドロ刑』1話あらすじとネタバレ感想

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』1話あらすじ

新米刑事・斑目勉(マダラメツトム)は、
仕事にやる気がなく、定時で帰れる上に安定しているからと言う理由で公務員である警察を志望し、
しかもそれを正直に履歴書へ書いてしまう
The今どきの若者といった感じの青年。

プライベートに重きを置く斑目は、非番の日に己も窃盗の被害に遭うも、
犯人を捕まえずに説教をされてしまう
のですが、
そんな彼が何故か最も身近な犯罪、窃盗の捜査をする警視庁”捜査三課”へ配属された。

仕事終わりに警視庁近くのバーで、
その日はじめて合った名前も知らない男に内情も含めて愚痴を言いまくる斑目は、
「警察は秘密主義なのでは?」と聞かれるも、自分の持論をキッパリ告げ、男に呆れられてしまう。

斑目の仕事にやる気がなく、Going my wayな姿勢に
「今のどきの若者は、皆こうなのか?」と呆れる男
だが、
これ以上付き合っていられないと、お会計を終えてバーから去ろうとする際に、
「お疲れ様です、煙鴉さん」と己の正体を看破されてしまう

驚いた男は斑目の隣に座り直し、
何故自分が煙鴉だと思ったのか、正体が分かったのならば捕まえないのかと問うが、
もう業務外のプライベートな時間である上に、
現行犯出ない限りは証拠を集めないと捕まえることが難しいことを
ビールを飲みながら面倒臭そうに話す斑目

翌日、斑目は早速、空巣の常習犯である啄木(キツツキ)の捜査にあたることになり―――?

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』1話ネタバレ感想

原作マンガの『ドロ刑』が大好きなのですが、
最初から原作とは違うストーリー展開に、良い意味で驚いてしまいました!

原作の身体を張ってでも犯人を、そして稀代の大泥棒・煙鴉を捕まえる!という熱血漢な斑目が、
ドラマ版では、スリの現場に居合わせ、自分がその被害者のひとりだとしても慌てず、
それどころか非番だからと大々的な行動に出ない

そのことについて先輩から説教されるも、
あと20分で映画が始まるから帰してほしいと正直に言ってしまう。

ドラマの斑目の年齢とサクユウの年齢がかなり近いことから、
「あ~、そのテンションとか考え方、分かる~w」となりました(笑)。
もちろん今の若者が全員あんな感じとは言いませんが、
同年代の方で共感した方も多いのではないかと思います

対して、原作マンガでは飄々としつつも、どこか可愛さがあり、
全てを見通しているような、不思議な雰囲気をまとう煙鴉
は、
遠藤さんが演じられているのもあり、とても渋く、カッコイイ雰囲気のイケオジで、
熱血的なところがあるのかな~と感じました

定時で上がれる上に、安定しているからと言う理由で警察官になったのに、
何故か三科へ移動になってしまった斑目が、
警視庁近くのバーで、初対面である男・煙鴉に
え、それ言っていいの?」という愚痴を言いまくるのですが、

以前、空巣の被害社宅で感じたタバコの匂いと、
男のタバコの匂いが同じである
ことから、男の正体を煙鴉と看破
したときには、
思わず「おぉ~!」と感心してしまいました

原作マンガとは少し違いますが、鼻の良さは共通して持っているのですね。

でもドラマの方の斑目は、そこで必死に煙鴉を捕まえようとしないので、
煙鴉と一緒に私も驚いてしまいましたww

三科へ移動し、啄木を逮捕するため張り込みをする斑目ですが、
まぁ仕事へのやる気が有るのか無いのか微妙な態度(笑)。

先輩に言われるまで、メモを取ろうとしない上に、
張り込みに失敗する上に、啄木本人からバカにされてしまいますからね。
怒られても仕方ありません(;・∀・)。

それについてもバーで煙鴉を「ケムさん」という相性で呼びながら愚痴るのですが、
煙鴉の方が熱を持って「捕まえる」助けを自らかってしまいます。

長年のドロボウ経験から見事、啄木の空巣の現場を発見する煙鴉ですが、
斑目は逃げた啄木を追いかけるも、脇腹が痛くなり追うのを早々に諦めます。

対して煙鴉は執拗に、でも冷静に追い詰め、
煙鴉から逃げる際に負傷した啄木は、近くに居た斑目に逮捕されてしまうのですが、

啄木の今までの犯行の証拠が揃う前に捕まえてしまったため、
先輩たちにこっ酷く叱られてしまいます

せっかく、新人エースだ~!とテンションが上っていたのに、
残念でしたね、斑目くん。

勉強も何もかも中途半端な人生を送ってきたから、
この中途半端な仕事ぶりも仕方ないと半分諦めがちな斑目
ですが、
煙鴉の叱咤激励に「自分でも何かできるかもしれない」という本来の考えを取り戻し、
啄木の自白を取るため、煙鴉の協力を得ながら奮闘する様は、
思わず「頑張れー!」と応援したくなりました。

有る種、技術者的な啄木を追い詰めていくのですが、
肝心の「侵入の際の手口はどのように行ったのか」については聞き出せず、
認めかけていた犯行を「自分ではない」と跳ね返されてしまいます。

が!ここで、実は啄木の逮捕が目的ではなく、
煙鴉の逮捕が目的だったという流れにシフト

急な展開に戸惑う啄木を前に、ご丁寧にも煙鴉確保の現場映像をスマホで見せながら説明する斑目
あれ?これ連続ドラマじゃなかったっけ?単発だった?!
……と、焦ってしまいました(;´Д`)。

しかし!
実はの実は、これはとんだ茶番で、
啄木の技術的な犯行を煙鴉のものとして逮捕するという事を話し、
啄木の技術者としてのプライドをつつきながら、
見事、激昂した啄木が「それは自分の技術だ!」と、
斑目が持ってきたガラス板でそのワザを披露し、
斑目が提示した空巣について「自分がやったものだ」と供述を取った流れ

見事などんでん返しでした!

まんまと嵌められたことに呆然としながらも、淡々と次々に自供する啄木。

煙鴉逮捕劇は、斑目と煙鴉が描いたシナリオで、
他の警察仲間にも協力してもらって、啄木から供述を得るためだけに演じていたものだった
のです。

逮捕劇の際、煙鴉に手錠をかけた中村倫也さん演じる皇子山隆俊は、
煙鴉に対して何か感じたみたいなのですが
(明言されていませんでしたが、刑事の感というものですかね?)
「犯罪者専門に追うジャーナリストである」という煙鴉の嘘を信じたみたいでした

1話の最後、何故協力してくれたのか問う斑目に対し、
「自分を見つけてくれたから」という煙鴉。

このドラマの最後に2人はどうなるのか、今からとても楽しみになりました!!

ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』注目ポイントは?

サクユウ
まずはじめに注目すべきポイントは、
今までにない【新米刑事✕熟練大泥棒】という新しく異色すぎるコンビですよね
これまで新米刑事✕熟練刑事だったり、
刑事✕科捜研などの他役職がコンビのドラマや小説、
マンガなどは合ったと思うのですが、
追うものと追われるものがコンビを組むのは初めて見るので、とても新鮮です。
にゃーさん
原作マンガでは、1年でやる気をなくしてしまっている斑目は、
それでもやっぱり熱血漢であり、
煙鴉をなんとかして捕まえようと奮闘しているのだけれど、
ドラマ版の斑目は、その正反対と言っても良いのではないかというくらい、
熱くない!!(笑)

それどころか、今どきの若者感満載なテンションと、
「取り柄は顔だけ」と言ってしまうようなキャラクター
なんだよね。
サクユウ
かわりに、原作マンガでは飄々としており、
どこか可愛い印象のある煙鴉
が、
ドラマ版では熱く、かっこよいので、
それぞれで違った魅力があるのも注目ポイントだと思いました!
にゃーさん
1話の最後では13係という新しい係が捜査三科に設立され、
そのメンバーのひとりに抜擢される斑目だけど、
斑目と同じく13係に選ばれた、中村倫也さん演じる皇子山隆俊や、
石橋杏奈さん演じる小平美希
斑目を三科へ引き入れた稲森いずみさん演じる鯨岡千里など、
13係のメンバーとどう関わっていくのかにも注目!!

もちろん、Sexy Zoneの中島健人さん演じる新米刑事・斑目勉が、
捕まえなければならない相手、遠藤憲一さん演じる熟練大泥棒・煙鴉
どの様に事件を解決していき
また、一癖も二癖もある犯人達と、先輩刑事達に揉まれていく中で、
刑事として、人間として、どのように成長していくのか
今後、とても楽しみですね。

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』1話のネットでの評判は?

サクユウ
1話から原作マンガとは違う展開だったので、
私もハラハラしながら、見事などんでん返しを楽しみました!

にゃーさん
キャラクターも話の流れも、
原作マンガとドラマとでかなり違うことに、賛否両論もあるみたいだけど、
違う世界観を楽しめる2度オイシイ状況を楽しむ方も居るみたいだね!

サクユウ
原作マンガの『ドロ刑』が大好きなのですが、
ドラマ版はドラマ版で違った魅力があり、楽しく見れました!

にゃーさん
新米刑事・斑目勉を演じる中島健人さんは、
実写化で出演されるとき、原作をきちんと読み込んでから役にトライするんだって!
今回の『ドロ刑』でも、最初は原作の斑目を参考に役作りをしたみたいだけれど、
監督と相談して、ドラマ版の斑目ができたみたい!!

まとめ

サクユウ
原作マンガの斑目と煙鴉とは違う性格であるドラマ版の斑目と煙鴉に
正直最初は戸惑いましたが、テンポよく進むストーリーと
ドラマ版の斑目や煙鴉をはじめとしたキャラクター達の魅力に魅了され、
最初の戸惑いも忘れるくらい没頭してしまいました!
にゃーさん
10月20日放送の2話では、
ゲスト出演でゴールデンボンバーの喜矢武豊さんが登場されるみたいだよ!
楽しみが増えたねっ!!
ではでは~!ヾ(。・ω・。)ヾ(。・Д・。)ヾ(。・ρ・。)

『忘却バッテリー』4話ネタバレ感想。一打撃のみの勝負へ!

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
『忘却バッテリー』の2巻が12月4日発売予定となりましたね!!
にゃーさん
今回は、発売中の1巻に収録されている4巻について
お話していくよっ!!

というわけで今回は、

  • マンガ『忘却バッテリー』4話あらすじ
  • マンガ『忘却バッテリー』4話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

!注意!
コチラの記事は、『忘却バッテリー』のネタバレを多分に含みます
同作を読んだ上で読むことを推奨いたします。

マンガ『忘却バッテリー』作品紹介と2話おさらい

【3話おさらい】
シニア時代に清峰・要の天才バッテリーに各々破れた藤堂葵千早瞬平は、
もう野球をやらないことを決め、野球部が無いと言われていた都立高校に入学するも、
最悪の天才バッテリーと再開することに。

記憶がない要は、藤堂と千早から嫌われていることにショックを受け、
なんとか覚えているフリをして、2人との距離を詰めようとする
が、

その努力も虚しく、
結局は土下座をしながら正直に記憶喪失になってしまったことを告げる

号泣しながら何とか友達になろうとする要の横で、
山田は野球部への入部を2人に勧めるが、藤堂と千早はキッパリと断り、
グラウンドを去ろうとするが、
それまで静観していた清峰に煽られ、一打席だけ勝負することに

最初は山田が捕手を務める予定だったが、
隅に立っていた要が自ら捕手を務めることを言い出して……?

マンガ『忘却バッテリー』4話あらすじ

要の茶番(本人は至って真面目)に付き合わされる山田と、
そのせいでなかなか一打席だけの勝負が始まらず、イライラしつつも意外とノリよくツッコむ藤堂

その茶番のおかげか(?)、力みが取れた藤堂は清峰を挑発しまくり、
豪快に清峰の球を打

負けず嫌いの清峰は藤堂の言い分を無視して球を投げ、
今まで見ているだけだった千早は、その俊足で打ち上がった球を取りに行く

2人は野球部に入部してくれるのか?

マンガ『忘却バッテリー』4話ネタバレ感想

自ら捕手をやると言ったのに、清峰が球を投げる前から弱音を吐きまくる要と、
それをモノローグで冷静にツッコむ山田の構図が、個人的にツボで好きなのですが、

ノリよくツッコんだり、
「キューシュって何?」という要の質問に律儀に答えてくれる藤堂
が加わって、
「あぁ~。今日も平和だなぁ~」と急に思ってしまいました。
ツッコミ役が増えてよかったね、山田くん(笑)

にゃーさん
モノローグでツッコミまくっていたのに、
打撃の間ずっと要の背中を物理的に支え続けるなんて、優しい(笑)!!

でも要よ、自分が何者かも覚えていないのに、何故サインを作った?
芸人になるためですか?そうなのですか??

いざ勝負が始まると、球すら見ずに、挑発するために一球捨ててしまう藤堂の顔の悪いこと悪いことw
(※サクユウが捻くれているので、そう見えてしまっただけかもしれません。)
そして、それに対してムッとする清峰がちょっと可愛く見えました

藤堂は3球目で豪快に清峰の球を打ち、存在すら覚えていなかった清峰へ
「覚えとけ コノヤロー」と自己紹介をする
のですが、

よっぽど悔しかったのか、
一打撃のみの勝負のはずだったのに勝手にルールを変えて、
清峰は球を投げちゃう
んですよ。

山田もモノローグで話していたけれど、
清峰は名前に「火」の字が入っているだけあって
表情は表情筋が壊れているのではと思うほど、今の所そんなに変わっていないのですが、
内面はかなり激情化
なのかもしれませんね。

清峰が藤堂の言い分を無視して勝手に投げた球を、藤堂は反射で打ってしまうのですが、
今まで静観していた千早が着ていたブレザーを脱ぎ、それを綺麗に畳み、
丁寧に準備運動した後、ローファーを履いているとは思えないほど物凄い速さで走り出し、
素手で打ち上がった球をキャッチする
のですよ。

ローファーで走るってなかなか難しいじゃないですか。
それを、藤堂が反射で売った後に、上着を脱いだり準備運動をしたりの後でダッシュし、
見事キャッチするって、普通に凄くないですか?

サクユウ
私も高校の頃はローファーで通学していたのですが、
ローファーで走るのは無理です。
足が痛くなります。靴擦れができて、翌日、歩くのが憂鬱になります。

その俊足にもムッとした清峰は、そこでも張り合おうとするのですが、
千早は上手くかわしてしまいます
千早は嘘を……いやいや、言葉巧みに物事を回避するのが上手そうですね!
見習いたいものです!!(褒めてます!)

とりあえず勝負は終わったので、グラウンドを去ろうとする藤堂と千早に
清峰は2人の名前を覚えたことを伝えるのですが、

過去に敗北し、悔しい思いが合ったとしても、
強い人や自分より上の人に名前を覚えてもらうというか、認めてもらえるのって、
単純にめちゃくちゃ嬉しい
ですよね!!

嬉しくなり、ちょっと照れつつもグラウンドを去ろうとする2人に
空気を読まずに「友だちになってくれるかなー!?」と詰め寄った要は、
見事に振られて心が折れ、号泣してしまいますがw

サクユウ
要って、幼少の頃は今の要と同じくかなりのアホな子で、
野球を始めたことに寄って真面目な子になったんですよね……。
友達と喧嘩をしたり、言い合いになる度に、今みたいに号泣していたのですかね?
本編とは全く関係ないのですが、個人的にちょっと気になります。
にゃーさん
嫌われているという不安感から、絶対に眠れなくなると未来の自分を予想し、
明日の肌年齢の上昇を気にするって、お年頃の女の子か。女子力高めか。
今晩、寝れるといいね!!

最後に山田が再び野球部への入部を勧めますが、やはり2人から断られてしまいます。
が、この後、どうやって入部してくれるのかが楽しみです。

あと個人的に、
4話9ページ目の「全力投球」が、めちゃくちゃカッコよくて好きです!!

まとめ

サクユウ
今回は『忘却バッテリー』の4話についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
今回の勝負で「みんなとやる野球は、割と楽しい」と思い始めた要と
清峰に覚えられた藤堂と千早は野球部に入部してくれるのか!!
つづきが楽しみ!

ではではヾ(。・ω・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

ノベルゲー『探しものは、夏ですか。』ネタバレ感想とあらすじ

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
突然ですが、『探しものは、夏ですか。』というフリーゲームを
ご存知でしょうか?
にゃーさん
女の子がビー玉を探すのを手伝うゲームだっけ?

今回は、

  • 『探しものは、夏ですか。』について、あらすじ
  • 『探しものは、夏ですか。』ゲーム内容ネタバレ
  • 『探しものは、夏ですか。』推奨プレイ環境

以上についてお話しさせて頂きます!

【オススメ記事】随時更新していきます。

『探しものは、夏ですか。』って、どんなゲーム?

サクユウ
探しものは、夏ですか。』は、ワンダーフォーゲルさんが作成した、
無料でダウンロード可能のフリーノベルゲームです!
にゃーさん
優しいタッチで描かれていて、
色合いは「夏!」って感じなんだけれど、どこか涼しさも感じる絵柄だと思ったよ!!
【あらすじ】2018年8月、数年ぶりに田舎へ帰省した大学1年生の主人公は、
とある誤解からビー玉を探す不思議な女の子の手伝いをすることとなります。ビー玉を探しながら、昔一緒に遊んだ、けれど喧嘩別れをしてしまった女の子の友達のことを思い出し、
ビー玉探しの傍ら、その女の子を探しはじめます。

きっと忘れることのない、主人公の見つけた平成最後の夏休み。
主人公は女の子を見つけ出せるのでしょうか。
また、ビー玉を探している女の子は、何故ビー玉を探しているのでしょうか?

ゲーム内容

【1日目・8月7日ネタバレ】

早速プレイしていきます。
夏祭りでしょうか?屋台などの出店をバックに、
浴衣を着た女の子にいきなり「大嫌い」と言われてしまいましたΣ( ̄ε ̄;|||・・・

どうやらそれはプレイヤーである主人公の夢だったみたいで、
現代へと戻ってきました。
と、ここで主人公の名前が出てきました。

主人公は空木恭平(ウツギ キョウヘイ)くんというみたいです。

大学の夏休みを利用して、久々に田舎に帰省した空木くん。
丁度、七夕祭り(旧暦の七夕に合わせての開催)の時期らしく、
最終日には花火大会も控えているみたいです。

駅まで車で迎えに来る予定だった母からドタキャンされ、
熱い中、駅から母親の実家まで15分歩かなければならず、
ボーッとしながら歩いていたら道を間違えてしまった模様です。

せっかくだからと昔お世話になり、先日なくなってしまったという、
駄菓子屋さんの直田(スグタ)のばあさんのお店を見てから母親の実家に向かうことになるのですが、

誰も居ないはずの駄菓子屋さんから何やら物音が。

空巣か何かかと考えた空木くんは、閉められたシャッターにあるポストの穴から店内を覗くことに。

店内は直田のばあさんがまだ生きているのでは?と思えるほど
陳列棚などそのままになっているみたいなのですが、
なんと、空木くんと同い年か年下くらいの女の子が着替えをしているではありませんか!!

サクユウ
着替え中の女の子と目が合い、驚いた空木くんは、
そのままひっくり返り、頭をぶつけて気を失い、
先程の「大嫌い」の夢を見ていたようです。
それにしても、まさか閉まった駄菓子屋さんの店内で、
可愛い女の子が着替えているとは思いませんよね~!驚きです!!

着替えをしていた女の子・織原真琴(オリハラ マコト)から
痴漢だの除きだのと言われ、警察に通報されそうになりますが、
何とか誤解であることを説明。

織原さんは直田のばあさんの親戚とかではなく、
昔お世話になった子みたいで、合鍵の隠し場所も教えてもらっていたほどの親密さ

空木くんは警察に通報しない交換条件として、
織原さんのお願い『ビー玉探し』を強制的に手伝うことになりました。

【2日目・8月8日ネタバレ】

無理矢理取り付けられた集合時間10:00の10分前に駄菓子屋さんに到着した空木くん。
なんとわざわざお母さんから目覚まし時計を借りたみたいです。
まぁ弱み(痴漢・除き疑惑)を握られておりますもんね。熱い中、お疲れ様です。

さっそく織原さんに大学生であることを見抜かれ、何故と問うと、
理由は「賢くなさそうだから

……とても、バカにされまくりですね、空木くん(笑)。
織原さんは高校生らしく、空木くんに年上に対する態度をと言われるのですが、
「痴漢を敬えと?」と驚愕されてしまいました。

なんかもう空木くん、この子には敵わないんじゃないですかね?

それはさておき。
どうやってビー玉を探すのかと問うと、
どうやら織原さんには考えがあるみたいです。一体どんな考えでしょうか?

織原「歩いた道は大体把握してるから、そこをなぞるように歩く!

にゃーさん
……虱潰しにただひたすら練り歩いて探すことを
考えがあると言ってよいのか……?

探しはじめて5分。休憩しようという空木くんに喝を入れる織原さん。
空気が綺麗で、適度な運動をするには良いでしょう言うのですが、
夏の日差しが強い中、いつ終わるともしれないまま歩くのは結構辛いですよ……?

サクユウ
というか、高校生はまだ体育の授業があるから良いですけれど、
大学生となると、体育学科とかサークルや部活に入らない限り
運動する機会がガッツリ減るんで、
体力もなくなっていくんですよ、驚くほどに!!
例えそれが大学1年生だったとしても!!!
……と、過去の自分を思い出しながら「空木くん、頑張れ……っ!!」と
違う方向で応援するサクユウです(笑)。

と、ここで急に おばさんAとおばさんBが登場。
世間話をしているらしいのですが、おばさんたちの話し声って結構大きいので、
本人達にとってはそれほどと思っていなくても、結構遠くまで響いているのですよね。

で、そのおばさんたちの会話なんですが、
何やらこの田舎で「例の女の子」について物騒なことが起きている模様です。

詳しく聞き耳を立てているわけでも無いのですが、自然と入ってくる
おばさんたちの会話に耳を傾けていると、
織原さんに何をボーッとしているのだと怒られてしまいました。

駅にて水分補給をしつつ休憩する2人。
空木くんは、織原さんと直田のばあさんの関係性について質問をしますが、
織原さんはだんまり。

織原さんが口を開かないので、空木くんは直田のばあさんの死因についてお話します。
なんでも心筋梗塞で倒れ病院に運ばれたそうなのですが、自殺という噂もたっているみたいです。
織原さんは「そんな事するはずない!」と反論するのですが、不可解な点もあるみたいです。

その不可解な点とは、
死期を悟っていたかのような行動を直田のばあさんが取っていた
とのこと。

死期が近づいた人が取る有名な行動の1つに『右手鏡』というのがあるらしく、
鏡を見るように、右手を覗き込む行動のことを言うみたいです。
他にも、大事にしていたものを人に渡すなどの身辺整理をこの半年に行っていただとか。

空木くんは気落ちしてしまった織原さんにこの後の予定を聞きます。
引き続き駅周辺と、来た道とは別の道を探して帰ることを確認し駅の待合室から出ると、
もうすぐ電車が来るからか、来たときは閑散としていた駅周辺に人が集まってきているみたいです。

駅に来た、近くの中学生の会話が聞こえてくるのですが、
なんでも「女の子がいなくなった」話をしているみたいです。
先程のおばさんAとBが話していた物騒な話と関係があるのでしょうか?

消防団が川沿いなどを探しているみたいですが、
ひとりの中学生のおじいさんは「神隠しにあったのでは」と考えているみたいです。

女の子がいなくなるなんて、事件などの可能性もあるし本当に物騒であり、
親御さんは気が気ではないのではと考える空木くんなのですが、
少し離れたところに居る織原さんから口パクで「さがせ」と怒られてしまいました。

サクユウ
織原さん、なかなか厳しいですね!!

近くにいた中学生達には不思議そうに見られてしまったようです。
確かに駅周辺を彷徨いていては目立ちますもんね。

行きとは別の帰り道を探すもビー玉はなく、
途中にあった公園にて作戦会議が開かれることになりました。

そこは子供の頃帰省した空木くんがに遊んでいた公園らしく、
ここで空木くんと地元の子達が『だるまさんがころんだ』で遊ぶ、過去に場面が変わります。

冒頭の夏祭りのときに出てきた「大嫌い」と言った女の子と同じ浴衣を来た女の子が、
別の女の子に誕生日を祝っております。
どうやらその環の中に空木くんも入っているらしく、
空木くんや浴衣の女の子よりも早くに誕生日を迎えた女の子にお姉さんぶられてしまいました。

というところでまた現代に場面が戻り、飲み物を奢らされた空木くんは、
また明日も駄菓子屋さんに10:00集合と、
そして「織原さんが通ったかもしれない道を考えてくること」という宿題を出されてしまいました。

帰り道、女の子の失踪なんていう物騒な事件を思い出しながら、
過去にもそんなことがあったな、と思い出す空木くん。

口論の末「大嫌い」と言われた後、浴衣の女の子とは会えずじまいだったらしく、
帰宅後に母親に聞くも「知らない」とバッサリ。

お祖母ちゃんに聞くも、家に連れてきたことが無かったため、分からない。
質問を変えて、自分と同じくらいの子供か孫が居なかったか問うと、
島田さんという方のところにお孫さんだったかもしれないとのこと。

明日、ビー玉探しの帰りに寄ろうと考えている空木くんにお祖父ちゃんが話しかけてきます。
どうやら、お祖父ちゃんは口数が少なく、空木くんにとって何を考えているのか分からず
苦手意識を持っているみたいです。

明日は早く切り上げてもらうようにお願いしようと考えたところで、
8月8日は終わりました。

【1日目と2日目を終えての感想】

まず背景も含めて全体的に絵柄が統一されているから世界観がぶれないですし、
しかも綺麗な絵柄で織原さんが可愛い!!

ちょっと……いや、かなり強引なところがありまくりな織原さんですが、
本当に見た目は凄く可愛い女の子です。

田舎の町並みや公園、駅などの背景も丁寧に描かれており、
全体的に水彩タッチな優しい塗り方をされているので、
どこか懐かしさすら感じられました。

で、実際のゲーム内容なのですが、
流石に1日目と2日目は世界観や主人公の状況などを知ることが大事なので、
ひたすらゲームを読み勧めていくというものでした。
(当方、普段ゲームをやらない身なので、
ノベルゲーなんだから当たり前だよ!というツッコミはしないでくださいねっ!!)

夏休みの田舎町が舞台なので、
蝉など虫の鳴き声が響き渡り夏を感じることができます。

お仕事の関係上これから夏休みという方や、今年の夏は満喫できなかったな~という方
『平成最後の夏』と言われた今年の夏を、このゲームで今の時期に体感できますよ!!
サクユウは体感できました(笑)。

ちなみに分岐なしの一本道な短編ノベルゲーなので、
忙しいという方もサクッと夏を感じられるかとおもいます。

推奨プレイ環境

2018年8月31日から配信されているこちらのゲーム、
当初はMACのsafariだと諸々不具合があったようですが、
現在(2018年9月21日)は修正されているようなので、
ブラウザでプレイしても、WIN版もしくはMAC版でダウンロードしてプレイしても大丈夫みたいです。

月末までにシナリオ等の大きめのアップデートを行う予定だそうです。

まとめ

サクユウ
今回はフリーノベルゲーム『探しものは、夏ですか。』について
お話をさせて頂きましたっ!!
にゃーさん
織原さんは何故ビー玉を探しているのか。
行方不明となっている女の子と何か関係があるのか。
とっても続きが気になる!!

ではではヾ(。・ω・。)ヾ(。・Д・。)ヾ(。・ρ・。)

『忘却バッテリー』番外編ネタバレ感想2。伝説の樹の下で。

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
天才達の高校生活が垣間見える『忘却バッテリー』は番外編。
以前、その番外編の1~3についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
なんで、番外編4~6について読んでいくよーっ!

今回は、

  • マンガ『忘却バッテリー』番外編4~6あらすじ
  • マンガ『忘却バッテリー』番外編4~6ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

マンガ『忘却バッテリー』作品紹介

にゃーさん
『忘却バッテリー』は、少年ジャンプ+にて連載中の、
みかわ絵子さんによる野球コメディマンガ!
単行本第1巻が発売中ッ!!(2018年9月19日現在)
【本編あらすじ】
全ての球児から怖れられていた中学生怪物バッテリー清峰記憶喪失になったは、
つい先日発足したばかりの愛好会に近い野球部しかない都立高校に通う。
中学時代に彼らと戦って破れた山田太郎は、
清峰と共に野球の楽しさ」を要に何とか教えようと奮闘するが、
なかなか野球に興味を持ってもらえない。それどころかアホな言動・行動を連発してくれる。そんな彼らの前に、普通の都立高校に居るはずのない、
中学生野球で活躍していた選手2名が更に現れて……?
もしかしたら、無名のこの都立高校で、甲子園が目指せるかもしれない?!

マンガ『忘却バッテリー』番外編1~3あらすじ

【番外編4あらすじ】
藤堂は普段何をしているのか気になった山田が直接本人に聞くと、
なんと1時間も墓石を殴っているという!
一体、藤堂に何があったのか?!

【番外編5あらすじ】
『忘却バッテリー』に女っ気がなさすぎると山田に相談する要。
そんな要のために、作者・みかわ先生が用意したヒロインとは-?

【番外編6あらすじ】
記憶喪失になってしまい、病院で入院する要。
そんな彼の元に幼馴染がやってきた!!

マンガ『忘却バッテリー』番外編1~3ネタバレ感想

【番外編4ネタバレ感想】

先生のツイートを見て驚きました。
このお話、みかわ先生のご友人様の実話なんですね?!!

とまぁ、それはさておき。
1時間も墓石を、しかも利き手で殴るなんて、藤堂に何があったのかと心配したのですが、
理由は「拳を平らにしてェから

……。
…………。
………………うん。

とりあえず、利き手でやるのは辞めて頂きたい
しかも至極真面目な表情で言わないで頂きたい

しかも殴っている墓石はご先祖様のお墓で、
藤堂曰く「己が強くなっていることをご先祖に報告できるお得トレーニング」だとか。

ご先祖様は、きっと違う形で子孫が強くなっていることを知っていると思うので、
墓石を殴るのは辞めてあげてください。ご先祖様もビックリですよ!

【番外編5ネタバレ感想】

要の「女っ気がなさすぎる」という言葉に対し、
「(ヒロインに)1人志願してくれた人がいるんだ」と答える山田。

しかもそのヒロイン、
伝説の樹の下で既にスタンバっているとのこと。

ときメモですね、分かります。
私も大好きですw

「告白されてしまう~」とテンションが上がる要ですが、
その樹の下に居たのはなんと!

要のお母様でした。

……わーお。
というか、母と息子、驚くほどそっくりですね?!!

ヒロインが伝説の樹の下に居ると思ったらまさかの自分の母親で。
しかもいい年してセーラー服を着用している……。

サクユウは、要には強く生きてほしいと切に願いましたとさ。
【番外編6ネタバレ感想】

病室にて何も思い出せない要。
そんな彼に記憶喪失であることを告げた可愛い看護師さんは、
幼馴染みがお見舞いに来ていると伝えます

あまり番外編にて登場しない清峰が登場と思いきや、

そこには本編でも1度も見たことがない、自称要の幼馴染み・裸のオッサン

裸のオッサンがページいっぱいに、
しかも裸なのにも関わらず、かなり真面目な表情をしてい
ので笑ってしまいましたwww
いや、何で裸のオッサンなのwwww清峰はどこに行ったのwwwww

……と思ったら、まさかの自分が『清峰葉流火』であると名乗り
要と相性抜群のバッテリーであったことを説明しだす裸のオッサン

裸のオッサンじゃなかったら、全部事実なんですけれどもねぇ。

困惑し疑う要に抱きつく裸のオッサン
その横で、幼馴染み2人の再開に感動し涙する可愛い看護師さん

なんかもう、色々と訳がわからないです。
こんなに『裸のオッサン』という文字をタイピングするのも人生初です。

裸のオッサン「野球をしよう!」と言うも、
「記憶喪失なんですけど?!」と、要に断られてしまいます。
それに対して裸のオッサンは
お決まりのアレやったら思い出すから見てなさい」と言います。

アレってなに?!まさか『パイ毛』?!!
この人が要に『パイ毛』を伝授したの?!と、思ったのですが、
裸のオッサンが言っていたアレとは、

第1話45頁1コマ目にて、
記憶喪失になってから初めて捕手をする要に対して清峰が言った

圭 いいのか

……のこと。

思い出せるものも、さらに遠ざかっていきそうですね……。

まとめ

にゃーさん
今回『忘却バッテリー』番外編4~6についてお話しました!!
サクユウ
裸のオッサンの印象が強すぎて、
なんだかそっちの『忘却バッテリー』も読みたくなってきました(笑)。

ではではヾ(。・ω・。)

関連記事はコチラからどうぞ。
『忘却バッテリー』1話ネタバレあらすじと感想!評判は?
実は左打ち?『忘却バッテリー』2話ネタバレあらすじと感想。
『忘却バッテリー』3話ネタバレ感想!過去ねじ伏せた相手に2人は
『忘却バッテリー』4話ネタバレ感想。一打席のみの勝負へ!
『忘却バッテリー』5話ネタバレ感想あらすじ。ヒロイン登場
記憶喪失でも流石要圭?『忘却バッテリー』6話ネタバレ感想
藤堂と千早の後悔『忘却バッテリー』7話ネタバレ感想
信じる清峰と許せない要『忘却バッテリー』8話ネタバレ感想
『忘却バッテリー』9話ネタバレ感想。ヤムチャした要の驚きの一言
『忘却バッテリー』番外編ネタバレ感想。天才達の学校生活

『忘却バッテリー』番外編ネタバレ感想。天才達の学校生活

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
『忘却バッテリー』は、隔週で番外編をたまに挟みつつの
連載というカタチをとっているみたいです!
にゃーさん
なんで、番外編1~3について読んでいくよ!!

今回は、

  • マンガ『忘却バッテリー』番外編1~3あらすじ
  • マンガ『忘却バッテリー』番外編1~3ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

マンガ『忘却バッテリー』作品紹介

にゃーさん
『忘却バッテリー』は、少年ジャンプ+にて連載中の、
みかわ絵子さんによる野球コメディマンガ!
単行本第1巻が発売中ッ!!(2018年9月19日現在)

マンガ『忘却バッテリー』番外編1~3あらすじ

【番外編1あらすじ】
授業の合間にある10分休みは仮眠にしようするから、絶対に起こしてくれるなと頼む要。
仮眠をとってまで体力温存したい要に一体何があるのでしょうか?

【番外編2あらすじ】
初登場のときから耳にイヤホンを着けていた千早。
音楽に対してかなりの拘りがあるようだが……?

【番外編3あらすじ】
この不況の時代に将来への不安が無いという要。
清峰に悲しい顔をさせた、要の安定した将来とは?

マンガ『忘却バッテリー』番外編1~3ネタバレ感想

【番外編1ネタバレ感想】

10分の休み時間を仮眠に当てる理由……それは、
日曜日の午前0時に配信の『終末のハーレム』に備えて睡眠サイクルを整えるため

……くだらない。
けれど、すっごい分かります!!

好きなマンガとかゲームの配信時間に合わせて、
万全の状態で挑めるように当日の予定を組んで調整
したり、
深夜配信の場合は要のように、睡眠サイクルを整えたりしますよね!!!!

あれ?しませんか??あれれ??

けれど、要にはその気合を野球にあててほしいような……。
いや、でも番外編ですもんね(?)。仕方ありません(???)。

それにしても、わざわざ泊まりで要に付き合う山田。優しい子ですよね。
本編でも番外編でも相変わらずモノローグでツッコミまくりですがw

とりあえず、要にとってのヒーローが土井翔太先生であることは分かりました。

【番外編2ネタバレ感想】

新しい音源が枯渇しており、このままでは死んでしまうと言う千早

私も携帯端末やスマホ、PCなどで音楽を聞くことは多々ありますが、
別に既に入っている曲を何度ループしても飽きないため、
千早の音楽に対する熱い語りには、山田と藤堂と同じくポカンとしてしまいました

千早がとても音楽に拘っていることだけは伝わりましたよ、えぇ、えぇ。

けれど、こんな人が近くに居たら面倒だろうな、とも……。
いや、音楽の趣味が合えば、とても楽しく会話はできそうですが……。

千早の意外な一面を見ることができました。
山田と藤堂、頑張れ。

【番外編3ネタバレ感想】

不況の時代に、将来への不安が皆無という要。
理由は一芸があるから。

それに対して山田は「野球のこと?」と純粋に聞くのですよ。
将来への不安が皆無かどうかは別にして、
きっと、記憶を失う前の要なら「野球」と答えていたかもしれません

記憶を失った今もそうであるなら嬉しいのですが、
要、やっぱり裏切りませんでした

彼の一芸、それは、1話から出てくる『パイ毛』。

毎度飽きずに、しかも相手が笑うまでやるという根性を見せていたんですけれど、
まさか一芸にカテゴライズされるとは。要、恐るべし。

『パイ毛』で将来が安定しているため、
むしろ男としてはいささか退屈かなとも考えているようですが、
山田、モノローグでツッコミまくってます

山田よ、そろそろモノローグではなく、口に出しても良いと思うんだ。
誰も怒らないよ。むしろ私はそれを願うよ

けれど清峰は要の発言に、
圭はもう芸人の世界に行ってしまうんだ……」と悲しそうな顔をします。

大丈夫ですよ。
仮に、もし万が一その道に行ったとしても、
直ぐに清峰のところに帰ってくると思いますよ。

けれど要のポジティブ(?)で楽観的(?)な面は、見習っても良いかもしれません。

まとめ

にゃーさん
今回『忘却バッテリー』番外編1~3についてお話しました!!
サクユウ
皆の学生生活が覗けた番外編、
思わずクスッとしてしまうところがあり、面白かったです!

ではではヾ(。・Д・。)

関連記事はコチラからどうぞ。
『忘却バッテリー』1話ネタバレあらすじと感想!評判は?
実は左打ち?『忘却バッテリー』2話ネタバレあらすじと感想。
『忘却バッテリー』3話ネタバレ感想!過去ねじ伏せた相手に2人は
『忘却バッテリー』4話ネタバレ感想。一打席のみの勝負へ!
『忘却バッテリー』5話ネタバレ感想あらすじ。ヒロイン登場
記憶喪失でも流石要圭?『忘却バッテリー』6話ネタバレ感想
藤堂と千早の後悔『忘却バッテリー』7話ネタバレ感想
信じる清峰と許せない要『忘却バッテリー』8話ネタバレ感想
『忘却バッテリー』9話ネタバレ感想。ヤムチャした要の驚きの一言
『忘却バッテリー』番外編ネタバレ感想2。伝説の樹の下で。

『忘却バッテリー』3話ネタバレ感想!過去ねじ伏せた相手に2人は

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
『忘却バッテリー』第2話では、
かつての清峰と要を知る人物が2人・藤堂と千早が登場しました!
にゃーさん
藤堂と千早は何故、この高校に入学したのか!

今回は、

  • マンガ『忘却バッテリー』3話あらすじ
  • マンガ『忘却バッテリー』3話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

!注意!
コチラの記事は、『忘却バッテリー』のネタバレを多分に含みます
同作を読んだ上で読むことを推奨いたします。

 

マンガ『忘却バッテリー』作品紹介と2話おさらい

にゃーさん
『忘却バッテリー』は、少年ジャンプ+にて連載中の、
みかわ絵子さんによる野球コメディマンガ!
単行本第1巻が発売中ッ!!(2018年9月19日現在)
【2話おさらい】
全ての球児から怖れられていた中学生怪物バッテリー清峰記憶喪失になったは、
つい先日発足したばかりの愛好会に近い野球部しかない都立高校に通う。
中学時代に彼らと戦って破れた山田太郎は、
清峰と共に野球の楽しさ」を要に何とか教えようと奮闘するが、
3K(キツイ・クサイ・コワイ)である野球はやりたくないと言い張る要。
そんな3人の前に、
「この学校に野球部は無いはずじゃ?」と、バッティングの音を聞きつけて来た藤堂千早が現れ……?

マンガ『忘却バッテリー』3話あらすじ

藤堂と千早に何故この学校に居るのか問い詰められる清峰と要ですが、
要は藤堂の勢いにビビり、清峰から借りた清峰兄のお宝で何とか見逃してもらおうとしますが、叩き割られ失敗に終わってしまい、清峰は「兄貴に殺される」とビビります

再度、千早に質問され「圭(要)が都立受けるって言うから」と答える清峰と、
それに「近かったから!」と続いて答える要は、藤堂に無言で蹴られ続け
その様子を見守っていた山田は「心中お察しします」と心の中で同情

あんまりな理由と要の言動に苛ついた藤堂と千早は、
テメェらクソバッテリーの面だけは 二度と見たくなかった」と告げるのですが、
記憶を失ってしまっている要は、何故自分がこんなにも嫌われているのかが分からず
真っ青になりながら小声で山田に相談し、
記憶喪失とか言っても信じてもらえないだろうし、覚えてるフリして 上手くかわしてみたら?
という山田のアドバイスを受け、頑張って覚えてますアピールをしますが、あえなく失敗。

要のアホすぎる言動・行動に疑問を抱き「おちょくってます?」とキレた藤堂と千早に対し、
もうこのまま通せないと判断した要は、正直に記憶喪失になったことを土下座して説明

その後もアホな言動を続ける要の言葉をぶった切り
山田は藤堂と千早にもこの野球部へ入部することを勧めるのですが……。

マンガ『忘却バッテリー』3話ネタバレ感想

冒頭で、藤堂の勢いにビビった要が、
清峰兄のお宝で何とか見逃してもらおうとするシーンがあるのですが、
パッケージを見て一瞬考える藤堂に笑ってしまいましたww
というか、よくこの場面で清峰兄のお宝を出せましたよね、要も(笑)。

滅多に表情を変えないクールな清峰が、割られたお宝を見て
「兄貴に殺される」と顔を真っ青にしてしまうのですが、どんだけお兄さんコワイんですか。

藤堂と千早はそれぞれ、中学時代に清峰・要バッテリーの前に歯が立たず、
藤堂はこの2人が一切視界に入らないようにTVを壊したそうで、
よっぽど悔しい思いをしたことが伝わってきます

千早も自分の力不足を認めつつも、再び会いたくない人間であることを冷静に告げ、
緊張感ある空気が流れるのですが……。

ひとり置いてけぼりの要、見事に嫌われていることに凹み、
山田に対してアホな言動と相談を小声でし始めるんですよね。

いや、仕方ないと思いますよ。だって記憶喪失ですし。
けれど要ひとり居るだけで、緊張感あふれる場が一瞬でアホな空間になれるのだな、と。
ある種の特技としてプロフィールに載せても良いレベルだと思います(笑)。

1話からそうなんですけれど、
所々で野球をやっていた頃の要が描かれるシーンがあるのですが、
今の要とのギャップが凄すぎて「本当に同一人物なんだよな?」と疑いたくなります。本当に。

土下座して記憶喪失であることを説明し、
泣きながら、嫌われることは嫌で藤堂と千早とも友達になろうとする要のメンタルは
強いのか弱いのか、とても疑問です。

とまぁ、要のことは一先ず置いておいて、

人生の殆どを野球に費やし、辞めたいまでも無意識に右肩を庇うような行動をしてしまう
チームを引っ張らなければならなかった立場にありながら、
天才バッテリーの前に破れ、苦楽を共にした仲間の運命を決めてしまったことを
ずっと背負い続けてしまっている不器用な天才・藤堂と千早
に清峰は、
俺が勝った相手に興味ないから アンタらのこと全く覚えてない
……と、サラッと告げてしまうのですよ。

アンタ、鬼かっ!」と思わず叫んでしまいました。

要に捕手をやってほしくて、また一緒に野球をやりたくて、
その要因の1つになればと考えての発言なのかも分かりませんが、
結構ズバッと言ってしまうんだなぁ、と。

清峰、発言が少ないんですが、その一言一言に重みがあり、
当事者でなくとも読んでいて結構グサッときます

結果「このままでいいのか」という清峰の言葉に火が着き、
急遽バッティングをすることになり、最初、藤堂からバットを握るのですが、
すっごいピリピリとした空気が流れるんですよね。

ですが、ここで再び空気を壊す、自称空気が読める男・要圭

恐らく清峰の狙い通り、当初捕手をやる予定だった山田から要へチェンジ。
やっとやる気になってくれたのか!と思えば、
別にやりたいわけでも無いけれど、ずっと端で見ているのは嫌なヤツになるんじゃないかと
自分の評価を気にしつつ、まだ藤堂達と友達になることを諦めていない発言をするんですよ。
やっぱりメンタル強いんですかね?

そのおかげで(?)グラウンドを包む空気が柔らかくなるのですが、
読んでいる私も、一触即発的な空気に緊張感を抱いて読んでいたんですけれど、
一緒に気持ちがふわっと軽くなりました。
要、凄いです。

けれど、スポーツ漫画でやる気のある発言は何度も読んできましたが、
フワッと来ォーい」という情けない発言は初めて読みました(笑)。

次の話で「やっぱヤダ」と再び山田に捕手をチェンジしていないことを心から祈りますw

まとめ

にゃーさん
今回『忘却バッテリー』第3話についてお話しました!!
サクユウ
3話は最後、要が山田に頼み事をして終わるのですが、
一体何をお願いしたのでしょうか?
何か策でも思い浮かんだのでしょうか??続きが気になります!

ではではヾ(。・Д・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

実は左打ち?『忘却バッテリー』2話ネタバレあらすじと感想。

サクユウ
みなさん、こんにちは!サクユウです。
以前、天才バッテリーの2人が、野球部もなかった高校に入学した
マンガ『忘却バッテリー』第1話のお話をさせて頂きました!
にゃーさん
今回は第2話について
お話していきたいと思うよ!!

今回は、

  • マンガ『忘却バッテリー』2話あらすじ
  • マンガ『忘却バッテリー』2話ネタバレ感想

以上についてお話しさせて頂きます!

!注意!
コチラの記事は、『忘却バッテリー』のネタバレを多分に含みます
同作を読んだ上で読むことを推奨いたします。

 

マンガ『忘却バッテリー』作品紹介と1話おさらい

にゃーさん
『忘却バッテリー』は、少年ジャンプ+にて連載中の、
みかわ絵子さんによる野球コメディマンガ!
サクユウ
単行本第1巻が発売中です!(2018年9月19日現在)
【1話おさらい】
全ての球児から怖れられていた中学生怪物バッテリー清峰
そんな彼らと戦って破れた山田太郎は、
野球をスッパリ辞め、野球部がない都立高校に入学する。

しかしそこには、中学時代の苦い思い出の原因である清峰と要の姿が。
2人は全国競合野球部から多数の熱烈スカウトを受けるも、全て断り、
この都立高校に入学した
という。

しかも、冷静沈着で智将保守と言われた、山田の憧れの存在・要
出会い頭からアホな言動・行動を山田にお見舞いする。

あまりにも印象が違いすぎる要と、一緒に入学してきた清峰に対し、
何故、野球部がない都立高校に入学したかを問うと、
なんと要が記憶喪失になり、野球を辞めてしまったという!!

ほぼ愛好会に近い発足したての野球部で、
清峰は再び要と野球をすることを、
山田はその協力を頼まれて、辞めたはずの野球を再びすることに

要は再び野球を始め、清峰の願いは叶うのか?!

マンガ『忘却バッテリー』2話あらすじ

こんな、ついこの間まで野球部がなかった普通の都立高校に
清峰と要が居るはずがないと思い登校するも、夢ではなかったことを再確認する山田。

山田は要を野球部に誘うため、見学だけでも良いからと伝えるが、きっぱり断られてしまうが、
清峰が持ってきた、清峰兄のお宝を餌に野球部の見学に誘うことに成功する。

バッティンググローブに「かっこいい!」と興味を持った要だが、
1発もバットに当たらず、「打てないとつまんないっスわ」と直ぐさま放棄

山田がレクチャーする横で
お前 左打ちだろ」と今更な発言をする清峰

改めて清峰に球を投げてもらい、
記憶を失う前の要の、本来のポジションでバットを振るうと、
それは見事、バットに当たり、要は少しずつ野球を楽しめるようになる

そんな2人の姿に、自分と同じ様に過去、
この2人によって心を折られた球児が山程いることを、
野球を辞めた中学生がたくさん居ることを改めて思う山田。

バットに球が当たる音に反応し、野球部がないはずじゃ?と疑問を持った2人の少年
清峰、要、山田に近づき……?

マンガ『忘却バッテリー』2話ネタバレ感想

朝っぱらからアホな一発芸を披露する要と、
涼しい顔をして、ひたすら腕力を鍛える清峰。

サクユウ
彼らが過去、もの凄い天才バッテリーと言われていたことを知らなければ、
何故、2人が一緒にいるのかと疑問を抱いてしまいそうです(笑)。

山田が何とか野球部に見学でも良いからと要を誘うのですが、
誘った瞬間に「絶交」と言われてしまうんですよ。

前回の、記憶を失ってから初めて捕手として受けた球が痛かったんでしょうけれど、
3K(キツイ・クサイ・コワイ)という単語を出してまで拒否をする姿に、
どんだけ痛くて怖かったんだよ!!」と思ってしまいましたw

にゃーさん
確かに、かなり早くて思い球を受けるのは、
慣れていても痛いけれども。

でも餌にまんまとつられ、清峰の誘いを受けるところでは、
山だと一緒に「チョロ!」と言わずに入られませんでした(笑)。
清峰も、要の扱いに慣れすぎてますね。さすが幼馴染。

最初、右打ちでバットをひたすら振り、一球も当たらない要なんですけれど、
清峰はずっと一緒に野球をやっていたんだから、
彼が左打ちであることを早くに教えてあげればいいじゃないですか

早くに教えなかったのには、何か理由があるのかな?と思っていれば、
ただ単純に、捕手として清峰の球を取らなきゃならないから、
打撃は後回しで良い
と考えていた
とのこと。

何か、記憶喪失と関係があって、なかなか教えないのかと思っちゃったじゃないですか!!
というか、ほとんど表情を変えないからクールに見えますけれど、
結構自分勝手ですよね?!それほど要と野球をしたいんでしょうけれども!!w

清峰の、要と野球がしたい!という思いがかなり重い気もするのですが、
要の行動と言動ががかなりアホでチョロい(褒めてますw)のと、
山田が要所要所で、読者の思いを代弁するかのようにツッコミを入れてくれるので、
1話と同様にサクッと面白く読むことができました!

また、最後に新キャラとして、
ヤンキー風な見た目の男子高校生・藤堂葵(トウドウ アオイ)と、
メガネのおしゃれに気を使っている男子高校生・千早瞬平(チハヤ シュンペイ)が出てくるのですが、

中学時代は、強肩でどんな球も柵超えさせる遊撃手と言われていた藤堂と、
同じく中学時代、バットコントロールと機動力で塁をかき乱す俊足の二塁手と言われていた千早
何故、清峰や要と同じく無名の都立高校に入学をしたのか
理由にはきっと、清峰と要が深く関係しているのでしょうが、非常に気になります!

まとめ

サクユウ
今回は、マンガ『忘却バッテリー』第2話についてお話しさせて頂きました!
にゃーさん
藤堂と千早が今後、
清峰達とどう関わってくるのか気になるところで終わっちゃったから、
早く続きを読まないとっ!!

ではではヾ(。・ρ・。)

次の記事はコチラからどうぞ。