就活本番前にやるべき?大学3年のときに行った7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サクユウ
こんにちは!サクユウです。
これまで、私がブラック企業に入社して転職したお話を
何回かさせて頂きました。
にゃーさん
今回は新卒の就活中に役立ったことについてお話ししていくよー!!

という訳で今回は、

新卒の就活時に行ったこと

以上についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

新卒の就活時に行ったこと

就活時に実際に使用していた手帳を出してきましたので、
1つずつ思い出し、手帳と照らし合わせながら書いていきますね。

スポンサーリンク

就活用のメアドを作った

PCやスマホで簡単に作ることができるフリーのメールアドレスを就活用で1つ作りました

◯就活用のフリーのメアドを作るメリット◯

  • 就活関係の情報のみが入ってくるので、確認と整理が楽
  • 通知をONに設定していたので、企業からの連絡を見落とすことがない
  • 簡単なメアドにしたため覚えやすく、履歴書などにも直ぐに書けた

SNSや何かしらのサイトに登録するアドレスと混同してしまうと、
大事なメールを見落としてしまい易くなってしまうのですよね。
なので、就活用のメアドを別に作りました。

真っ先に就活アプリをインストール

就活サイトが開設と同時に直ぐに登録し、スマホにアプリをインストールしました。

登録した就活サイト

  • 一般企業系の就活サイト2種類
  • 専門職に特化したサイト1種類

通っていた大学では専門的なことを学んでいたため、
普通の一般企業しか掲載されていない就活サイトだけでは情報を仕入れることができなかったのです。

なので、専門職に特化したサイト1種類も登録し、アプリをインストールしました。

学内のセミナーと外部のセミナー、合同説明会に参加をした

2015年6月(当時:サクユウ、大学3年生)の初旬に
学内の就活セミナーがあったのですが、
そこから開催されるセミナーは、ほとんど参加しました。

何故、全てのセミナーに参加しなかったのかと言うと、

  1. 会社の説明会・選考と日程が重なっていた
  2. 外部のセミナーで聞いた内容と同じ内容だった

……という理由があったためでした。

同じようなセミナーで、既に知っている内容であれば、
何度も参加するのはどうなのかな?と思ったのです。

もしかしたら、知らない内容についてお話しされていることもあるかもしれないので、
一概に「知っている内容のセミナーなら、参加しなくて良し!」とは言えないので注意です!

就活用のSNSを作った

また、外部のセミナーや合同説明会では当然、
他大学・他専門学校の就活生と出会えるわけです。
その方々と積極的に言葉をかわし、時には連絡先を交換して、
互いに情報共有をしていました

企業に興味がある・なしに関わらず、興味のある業界であれば、インターンシップに参加した

興味がある企業のインターンシップは絶対に参加をしていたのですが、
その業界についてより深く知るために、
興味がない企業のインターンシップも参加
しました。

企業によっては、1社の中で内容を変えて何度もインターンシップを開催している企業もあったので、
自分のことを覚えてもらうためにも、全て参加していました。

自己分析を徹底的にした

自己分析と聞くと、

Aさん
え?自己分析?自分のことなんて自分が1番分かっているから、いらないっしょ
Bさん
面倒くさいから、やらなくて良いや

そう思う方はいらっしゃると思います。

けれど
この自己分析、かなり大事なのです!!

  1. 客観的に自分のことについて知ることができる
  2. 自分でも気づかなかった強みや、興味があることに気づける

これらによって、挑戦できる業界や企業の幅が広がったり、
気づけた強みを武器に戦うことができます

なので、私は本屋さんで「自己分析」についての本を購入し、
じっくり丁寧に自己分析をしていきました。

スケジュール管理を2種類に分けた

今の時代、スマホで簡単にスケジュール管理ができますよね。
ただ簡単で便利な半面、急にスマホが壊れてしまったり、データが飛んでしまったり
もしくはスマホ自体を無くしてしまったり、家に忘れてしまったりすると、
スケジュールを確認することができなくなります

なので、私はアナログの手帳スマホのスケジュールアプリ
両方でスケジュール管理を行っていました

仮に手帳を忘れてもスマホに入っていましたし、
スマホのデータが消えてしまったとしても、手帳に記入していたので、
完全にスケジュールが分からなくなるというリスクを避けることができました。

また、インターンシップなどの場では
「休憩時間以外、スマホの仕様を禁止!」というところもあったので、
その場合、スケジュールを確認したくても、休憩時間以外できなくなってしまいますよね。

想像し得ないトラブルやリスクにも対応できるよう、
スケジュール管理は複数個に分けておいたほうが便利
です。
(多すぎたら、それはそれで管理が大変になるので、注意ですが)

まとめ

就活となると、企業・業界分析や企業との連絡、
インターンシップや選考へのエントリー、試験など多くのことを行わなければならず、
それ以外にも、学校の課題や試験もあるので大変だと思います。

なので!より動き易く、自分にあった業界や企業と出会うためにも、
今回お伝えしたことを実践しても損は無いかな、とは思います。

サクユウ
もちろん無理強いはしませんし、合う合わないがあると思うので、
自分が動き易い方法をより早く見つけたいものですね。
にゃーさん
今回は長くなってしまったから、ここまで!
次、機会があれば、「就活時にやってよかったこと」についてもお話ししていくねー!!

ではではヾ(。・Д・。)

次の記事はコチラからどうぞ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*